世界

教皇、司教代表大会で投票権を持つ初の女性次官補に任命

Nathalie Becquartフランスの修道女は、その場に任命された最初の女性となり、大会での投票権を持つことになります。

教皇庁の公式メディアウェブサイトであるバチカンニュースによると、これにより、彼女はカトリック教会で重要な決定を下すのに役立つとします。

総会は、離婚のような議論が多くのトピックを含む、ローマ教皇に助言を提供しています。

フランシスコ法王はベッカガルト花嫁と一緒にベビークルトを任命した。 ルイス・マルケス・デ・サン・マルティン(Luis Marn de San Martin)。

シノドゥを導くマリオグレ流れ枢機卿は、より多くの女性が投票することができる可能性の “ドアが開かれた」とバチカンのニュースに語った。

Nathalie Becquartは総監督会議次官に役立つでしょう。

「最後の大会期間中に多くの大会父親は、教会全体が教会内の女性の位置と役割について省察する必要性を強調しました。」とGrechは言いました。

「フランシスコ教皇でさえ、女性が教会の分別と意思決定プロセスに、より多く参加することが重要であることを何度も強調しました。すでに大会での専門家や感謝の参加する女性の数が増えました。

「Nathalie Becquart修道女の任命と彼女が投票権を持って参加する可能性にドアが開かれました。 その後、今後どのような他の措置をとることができるかが分かるでしょう。」とGrechは付け加えました。

READ  コロナ時代は、世界で最も安全で危険な国・地域と - 耐性ランキング - Bloomberg

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close