経済

日本首相「米軍基地、コロナ19統制強化する」

岸田文夫日本首相が2021年12月21日、日本東京で臨時国会が閉幕すると、官邸でメディアの前で演説している。 津野吉和/プール経由 REUTERS

東京、1月9日(ロイター) – 日本の岸田文夫首相が9日(現地時間)米軍基地に対するコロナ19対応を強化することに合意したと明らかにした。

岸田首相はこの日、NHKで開かれた討論会で「不必要な外出を控えて禁止しなければならないという点について米国と原則的に合意し、具体的な内容は今議論している」と話した。

日本は9月以降初めて米軍基地がある3地域にコロナウイルス制限措置を再導入しました。 地元の知事は、オミクロンの変種による症例の急増後、より強力な措置を求めた。 もっと読む

岸田首相は、日本が金曜日とは異なるイベントで、日本の外務大臣と国防長官が仮想会議を開いて懸念を解消することを米国に促したと述べた。 もっと読む

日本は世界保健機関(WHO)がオミクロンを懸念の変種に指定した後、11月末にほぼすべての外国人旅行者の入国を中断しました。 しかし、米軍は別々の検査と検疫体制の下で参謀を出入りする。 もっと読む

今すぐ登録してReuters.comへの無料無制限アクセス

竹本義文の報告リンカーンフィスト編集。

私達の標準: Thomson Reutersの信頼原則。

READ  虎の年に何が期待できますか?

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close