エンターテインメント

京都の京子舞子学校、2年ぶりに開校式を開催

京都(KYOTO) – 西日本の5大「花町」ナイトライフのひとつである祇園古府の芸子と「舞子」見習い生たちに芸術分野を教える学校が1月2日2年ぶりに開校式を持った。 7.

舞子と若慶子は、家紋の紋章が刻まれた黒のスーツ着物を着て、京都東山区にある八坂ニョコバ学園に集まりました。 ヘアアクセサリーをしている米イサクは「おめでとうございます。

国登録タイプ文化財であり学校の練習室である八坂倉部のホールに約90人の芸子と舞子が集結し、訓練と芸能に専念することを誓った。 授賞式はコロナ19対策に短縮され、京子と舞子はもちろん、前年の最も売れた茶屋に一般的に与えられた年次授賞式も延期された。

祇園神戸「宮古大通」春舞公演が3年ぶりに戻る。 去る1月3日満20歳になった舞子美和子は「宮古大通舞台はたった一度だけだ。最善を尽くしたい」と話した。

(Japanese original by Yoko Minami, Kyoto Bureau)

READ  日本都市、ゴッサムシティとバットマン友情協定締結

Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close