トップニュース

日本、ロシア・中国にさらに積極的に立場

日本はウクライナでロシアを相手にした米国-NATO代理戦を支持し、自国の軍事力増強と再軍事化を正当化するために葛藤を悪用した。 特に日本はモスクワとの長い紛争でクリル列島に対する領有権を積極的に主張し、中国が台湾侵攻を準備していると非難している。

2017年10月 岸田文夫。 (写真:Wikimedia commons)

日本外務省は4月22日、2022年に外交庁写真を発表した。 この文書は日本のすぐ北にあるクリル列島にある4つの島を言及している。 「北方領土は日本が領有権を持っている島で、日本領土の固有の部分」と主張する。 ロシアは4つの島を南部クリルと呼ぶ。

青写真に「不法占領」という言葉が登場したのは2003年以降初めてであり、日本領土の「固有」という表現は2011年以降使われていない。 報告書はまた、ロシアのウクライナ軍事介入を「怒り」と攻撃した。 ヨーロッパだけでなくアジアでも国際秩序の基盤を毀損するものだ」と批判した。

去る2月ウクライナ戦争が勃発し、日本政府がロシアを糾弾して経済制裁を加えるのに米国便を挙げることにした決定以後、日本とモスクワの関係が急激に悪化した。

東京はウクライナの財政援助を3億ドルに増やし、キエフに監視ドローンと防護服を供給する予定です。

ロシアに対抗してアメリカ側を挙げることにした日本の決定は、モスクワと中国との関係で明らかな転換点だ。 国務総理室の関係者は 朝日新聞 ロシアに対する制裁は「日本外交史上画期的な政治的決定」と説明した。

ロシアは3月21日、日本とキリル列島交渉を公式に中断した。 」

READ  日本に住む外国人の子供たちの心を照らした映画、名古屋で上映

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close