経済

日本、再建資金を調達のために、日本郵政の株式27%の売却

日本は、2011年の地震と津波で被害を受けた地域を再建するために、今月にJapan Post Holdingsの株式を最大10億3千万株まで売却する予定であり、これは水曜日の終値基準で9,520億円(85億2,000万ドル)の価値があることが報告された。 日本の財務省は声明で、今回の売却で約27%の株式を占めるようになると述べた。 これは、日本郵政公社の第三の売却になる政府の持分を法律で許可される最小量である1/3に下げると発表した。

以前の売却で政府は、以前国営郵政事業本部とその関連会社の株式を売却して3兆5000億円(273億1000万ドル)を調達した。 最近売却価格は、10月25日から27日の間に決定される。 これまでの株式の売却を通じて調達された総額は、10年の間に約32兆円に達する日本復興予算の約10%を占めている。

水曜日の終値926.6円で、現在、政府が売却している日本郵政ホールディングスの株式価値は9520億円である。 政府は、株式の追加売却時期を決定するために、市場の状況を慎重に測定してきた。

2015年には日本郵政ホールディングス、日本郵政保険、日本郵政銀行が約30年ぶりに日本最大の民営化に登載された。 この株は、最終的な価格が決定された後、営業4日後に取引を開始し、日本郵政公社は、その株式の3.5%に相当する最大1000億円を買い戻すする予定だ。 ($ 1 = 111.7000円)

また読む:日本と韓国が会って紛争中の立場を再説明します。

(この話はDevdiscourseスタッフが編集していなかったシンジケートされたフィードの自動生成されます。)

READ  中国経済の「国内」

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close