トップニュース

日本、石炭火力発電所の輸出支援の中断 – ビジネス

日本は地球温暖化を抑制するための国際的な努力に応じて、海外石炭火力発電所の建設のための国家支援を終了することを検討している政府筋が語った。

義久にシュガー首相は早ければ4月22日から23日までジョー・バイデン米大統領が主催した気候変動への仮想サミットでは、これらの動きを発表することができると消息筋は伝えた。

石炭は、低コストのために発展途上国に魅力的な形の発展になることがありますが、天然ガスや太陽光、風力などの再生可能エネルギーよりも多くの二酸化炭素を生成します。

日本は国際協力銀行(Japan Bank for International Cooperation)の融資の形で、石炭火力発電所の輸出の国家的支援を継続したという批判を受けてきた。

去る7月、日本は二酸化炭素排出量を減らすために努力している国と財政の理由石炭に転換するしかない国でこのようなプロジェクトを支える基準を強化しました。

国家支援を完全に終了することはさらに一歩、気候変動に対処するBiden政権の焦点が脱炭消化のための国際的な推進力を構築によって発生します。

シュガーはグリーン化が日本経済成長の重要な動力になると述べた。

2050年までに日本をカーボンニュートラルにすることを目的と、彼は11月の国連気候変動会議を控え、2030年までに二酸化炭素排出量を削減するための「野心的な “新たな目標を公開すると約束しました。

READ  国内で新たに3263人の感染・死亡者56人、一緒に最多を更新 - 読売新聞

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close