日本、米国上場アジア株式への資金流入増加: Morgan Stanley-Republic World

Estimated read time 1 min read

日本の国旗画像:ピクサーベイ

アジア株式のMorgan Stanley: 最近の顧客に送ったメモでは、Morgan Stanleyは活力を取り戻した日本株を取り巻く楽観論が急増し、今年初めから米国上場アジア株に大規模な資金が流入していることを強調しました。

2月26日付メモによると、米国とヨーロッパのヘッジファンドを中心としたグローバル機関投資家たちは、米国で取引されるアジア株式204億ドル分を総合的に買い入れた。 急増により、その四半期は記録的な純流入を達成することができました。

一方、この傾向は、ほとんどの四半期にアジア系アメリカ人預託証書(ADR)で純流出を見せた過去4年とは異なります。

今年の最初の2ヶ月間、投資の大半は、銀行や自動車会社を含む米国に上場した日本の株式に集中しました。

日本日経指数は最近史上最高値に急騰し、1989年日本の「泡経済」段階で最後に記録された水準を超えました。

日経指数の急騰は、魅力的なバリエーションと企業改革のため、ボラティリティの高い中国市場への代替案を模索する外国人投資家に、日本の株式が魅力を発揮することを反映しています。

Morgan Stanleyは、MUFJ Financial、Sumitomo Mitsui Financials、Nomura Holdings、Honda Motor、Takeda PharmaceuticalをアジアADRの購入に最適な選択肢として挙げました。

これとは対照的に、米国に上場したインドとシンガポールの企業は売り上げの圧力がはっきりしており、中国への投資の流れはずれた傾向を示しました。

投資家は安定したインフレと賃金の引き上げについて楽観的であり、これにより、年間を通じて日本の株式への外国投資が増えると予想されます。

日本の1月のソース消費者物価指数(CPI)は2.0%上昇を記録したが、これは12月よりは遅いが予想値を上回る中央銀行の目標値である2%に合致した数値です。

ニューバーガー・ベルマンの日本株式担当ポートフォリオ・マネージャーのKei Okamura氏は、海外資金の日本株式流入がまだ初期段階にあると述べた。

岡村は、現在の急騰にもかかわらず、バリュエーションは依然として魅力的であり、外国人の流入はまだ2015年に観察された最高値に達していないと強調しました。

(ロイター入力含む)

READ  日本のチップサプライヤー、「中国出口」補助金
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours