経済

日本、98カ国の観光客を歓迎

記事ジョブの読み込み中にプレースホルダ

日本は2年以上外国人観光客を閉鎖した後、来月に条件を備えた多様なレジャー旅行者を再び許可する予定だ。

岸田文夫首相は6月10日から、交通や宿泊施設を含むガイドパッケージツアーで訪問者を迎えると木曜日に発表しました。 観光客 98カ国 低コロナウイルス感染率で許容されます。 米国がそのグループに属している。 6月の大規模再開場は、今週から12県を訪問するように組織されたツアーに約50人を許可した小規模試験に続いたものです。

「段階的に私たちは受け入れることを目指します。 [tourists] いつものように感染状況などを勘案して措置した」と話した。

低リスク国から来た訪問者は、予防接種証明書を提示する必要はありません。 必要ありません 予防接種の状態にかかわらず、到着時の隔離または試験。 によると チェックリスト 日本政府観光局(National Tourism Organization)で発行された旅行者は、その国に出発してから72時間以内に音声検査を受けたという証拠を提示しなければなりません。

日本の小さな観光テストは50の外国人旅行者を許可します

1日入国者も現行1万人から2万人に増やす。 現在、数字にはビジネス旅行者、外国人労働者、学生が含まれていますが、観光客は含まれていません。

日本はファンデミック期間中に国境を厳しく管理し、他の多くのアジア諸国が訪問者を歓迎し始めた後も観光客を禁止し続けた。 余暇旅行者が禁止され、ファンデミック以前は年間3000万人以上が訪問しましたが、昨年は250,000人だけがこの国を訪問しました。

観光庁は、2019年の同じ期間800万人以上だったのに比べ、1月と3月の間に100,000人少し以上の人々が国を訪問したと推定した。

日本政府観光局の清野さとし会長は、声明でこのグループが地方政府、目的地マーケティング機関、国内外旅行会社、航空会社などと協力して再開するインバウンド旅行を準備していると述べた。

アジアは旅行者に再び開かれています。 行ける場所がここです。

彼は「国際社会が観光目的の旅行回復を準備する速度が速くなることを心から歓迎する」と話した。 「政府は日本がその努力に参加するための措置を講じる政策を発表しました。 日本のインバウンド観光回復の第一歩にしたい」と話した。

旅行代理店の社長兼共同所有者であるPeggy Goldman フレンドリーな惑星旅行、 金曜日、彼女の会社は観光客を日本に連れて来るために準備していると述べた。 彼女は国に来ることができる人々の制限を考えると、復帰がゆっくりと進むと予想しています。

「正直なところ、私は私たちが来年の春以前に強力なツーリングプログラムを実際に始めることができると信じていません」と彼女は言いました。

彼女は「需要がある。 「人に予約を始めると言うと、需要がどれくらいになるかを評価できるはずです。」

READ  ドルが株式と債券に勝ち、大企業に被害を与える方法

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close