エンターテインメント

日本が香港で開催されたUCIトラックサイクリングネーションズカップ最終日を支配である

日本のサイクリストは、香港で開催されたInternational Cycling Union Track Cycling Nations Cupの最終日に4つのタイトルをすべて獲得しました。

梶原ユミは脱落試合と女子オムニニウムを獲得し、スクラッチ競技2位に忙しい週末を続けた。

Kajiharaは、香港ベロドロームで行われた女子マディソンイベントでKisato Nakamuraとチームを遂げました。

大会期間中に12回のスプリントの7番を勝っ全46点を獲得しました。

ベラルーシのIna SavenkaとHanna Tserakhが2点、最終スプリントで優勝しており、10点で合計38点で2位を占めています。

Rakuten K Dreamsチームを代表する日本のKie FuruyamaとNao Suzukiが33点で3位を占めています。

日本チームは男子個人スプリント大会でも支配的であった。

Yuta Wakimotoは競争の最初の準決勝で彼の同胞であるKoyu Matsuiをまっすぐに勝ったが、これは別の日本人の決闘でTomohiro Fukayaを相手にYudai Nittaが繰り返された偉業です。

Nittaは決勝でヨンソクレースでWakimotoを破って1位を占めました。

Fukayaは準決勝出口から帰ってきて銅メダルに乗るMatsuiを殴られました。

Yuka Kobayshiは女性ケイリン大会で印象的な勝利を収め、香港でのイベントを残す予定です。

日本のライダーは、香港で最も好きなリ、この歳(Lee Wai Sze)、2012年のロンドンオリンピックの銅メダリスト、2019年の世界チャンピオンの女性スプリント大会準優勝で終えた。

スノーケリング決勝で小林が李を0.099秒で勝ったとき、彼らの立場は入れ替わった。

米国のMadalyn Godbyは0.133で表彰台を終え、日本のMina Satoをすぐに前になります。

Eiya Hashimotoが激しいマディソン大会で勝利した後、最後の日、日本のすっきりとしたタイトルを完成しました。

橋本はスクラッチとエリー米ネーションレースで2位を記録したテンポのレースで勝利を収め決勝に向かう競争をリードしてきました。

ベラルーシのYauheni Karaliokはポイントレースで橋本としばらくタイを得たが、日本サイクリストは、最終スプリントで優位を取り戻しました。

橋本は138点で1位を占めており、カーローリー玉は134点で4回漂流を記録した。

デンマークのMatias Malmbergは125個で3位を占めています。

READ  文化計:MSPIFF版-Mpls。 St. Paul Magazine

Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close