エンターテインメント

日本で世界最高齢者が119歳の誕生日を迎えた。

日露戦争が勃発する1年前に生まれた世界最高齢者の田中金根が、日曜日の南西日本で119歳の誕生日を迎えました。

1903年1月2日、福岡県で生まれた田中は、日本の明治、大正、昭和、平成、現在のレイと時代を生き、家族によるとすぐに目標として120歳まで生きることを希望しています。 1903年に生まれた注目すべき人物としては、イギリス小説家ジョージ・オーウェル、映画監督のオズ・ヤスジロ、日本の詩人金子ミスズなどがあります。

2021年9月、世界最高齢者の田中金がピースサインをしている。 (写真提供:福岡県)(刑務所)

田中は2019年3月、116歳の世界最高齢生存者としてギネスブックに登録され、117歳261日になり、日本最高年齢記録を達成しました。

福岡の療養所に住む田中は、ジェスチャーでスタッフとコミュニケーションをとり、しばしば数字パズルを解くことに挑戦しています。 彼女はチョコレートと炭酸飲料が大好きです。

去る9月のパスの日に、福岡道知事の服部聖太郎が100歳の老人に花を送った時、彼女はピースサインを作って喜びを表現しました。

9兄妹の7人目の田中は19歳で結婚した。 1937年に始まった清日戦争に夫と大息子が参戦に行った時、彼女は麺の家を運営して家族を扶養しました。

田中の62歳孫エイジ(Eiji)は「すぐに個人的にお祝いしたい」と話した。 「私は、彼女が年をとっても健康的に毎日楽しく過ごしてほしい」


関連する適用範囲:

日本100歳老人86,500人、10,000人以上の男性史上初めて記録更新

日本の南西部で世界最高齢者が118歳を迎えた。


READ  2020年に日本でNintendoの最もダウンロードされたゲーム

Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close