日本で強い地震が発生し、9人が軽いけがをしました。 しかし、津波の危険はありませんでした。

Estimated read time 1 min read

東京(AP) — 日本南西部を襲った強力な地震で9人が軽微な負傷を負い、水道管破裂、小規模地すべりなどの被害が発生したと当局が木曜日明らかにしました。 しかし、津波の危険はなかった。

水曜日遅く、規模6.6の地震は、四国南西本島の西海岸の直前、四国と九州南部本島を分離する海峡である豊後海峡という地域を中心に発生しました。

今回の地震は海面から約50キロ離れたところで発生し、津波の危険はなかったと日本気象庁が明らかにした。

消防防災庁は木曜日、愛媛県で6人、近所の高知県で1人、九州島大分県で2人がほとんど家で倒れて軽傷を負ったと明らかにしました。

地元メディアの報道によると、高知県スクモ市の様々な場所で水道管が破裂し、愛媛県愛南町仏教寺院では墓碑が崩れた。 屋根タイルが落ちることも報告されました。

原子力規制当局は四国と九州の3原発で稼働中の4基の原子炉で何の異常も報告されていないと明らかにした。

太平洋の「火の輪」に属する日本は、世界で地震が最も多い地域の一つです。 規模9.0の地震とそれに伴う津波 2011年3月 日本北東部の海岸沿いに広い地域を荒廃させ、ほぼ20,000人が死亡し、福島第一核溶解を促しました。 1月1日、 規模7.6の地震 能登中北部を襲い、241人が死亡した。

___

この物語は、姓の綴りをヤマグチアではなくヤマグチに修正し、高知の負傷者が2人ではなく1人であることを示しています。

クレジット:AP

イメージ拡張アイコン

クレジット:AP

READ  日本のゴールデンウィーク連休が始まり、旅行者が電車と空港で混雑しています。
Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours