日本のコンビニエンスストアは世界中にあるかもしれないとセブンイレブンCEOは言います。 ワールドビジネス

Estimated read time 1 min read

伊坂龍一は、過去数年間で85,000のコンビニエンスストア、ガソリンスタンド、小売店を含む帝国を強化するために250億ドル以上を費やしました。 しかし、彼はそれ以上を望んでいます。

日本の大手小売業者Seven&i Holdings Co.のCEOは、日本版7-Elevenの成功の秘訣が潜在的に買収を通じて世界中に輸出されると信じています。 イサカは「機会があれば積極的にM&Aを検討する」と述べた。

もともとアメリカで始まったコンビニエンスストアのコンセプトは、2005年にアメリカでコンビニエンスストアチェーンを完全に買収し、名前の一部として採用した日本企業にとって変革的なものであることが判明しました。 長年にわたり、7-Elevenはリーズナブルな価格の食品、飲料、生活用品、そして都市や配達サービスを提供するフランチャイズに発展し、島の生活の一部となりました。

66歳のIsakaは、Bloomberg TVとのインタビューで、「私たちは成長を続けるために変化に適応しなければならない業界に属しています」と述べました。

国内人口の高齢化により、Seven&iは日本以外の地域で機会を探してきました。 アジア全域で7-Elevenの店舗開設を推進している間、Isakaは米国で別のアプローチをとり、SpeedwayとSunocoガソリンスタンドのネットワーク買収を調整しました。

CEOの大きな賭け:セブンイレブンの手頃な価格で高品質の食品を作るノウハウは、これらのチェーンを新しい小売経験に変えるのに役立ちます。 ポテンシャルに関するヒントは YouTube でご覧いただけます。 YouTubeには、7-Elevenの卵サラダサンドイッチとフライドチキンの利点を賞賛するクリップと、主なライバルであるFamilyMartとLawsonがたくさんあります。

Isakaは、米国市場について、「私たちはガソリンとタバコに頼るビジネスモデルから、顧客は私たちの製品に基づいて私たちを選ぶビジネスモデルに変えるべきだと思います」と述べました。 「この変化の核心はまさに新鮮食品です。」

Isakaによると、Seven&iは、スライダー、ハム – 卵 – チーズフレンチトースト、チキンサラダサンドイッチなど、より良い製品を店舗に提供するために、米国のサプライヤーであるWarabeya Nichiyo Holdings Co.と協力しています。 日本のように季節の変化と人口統計を反映し、絶えず進化しながらも毎日製品を配送できるサプライチェーンを作ることが目標だと彼は言いました。

最近開かれた製品開発会議でセブンイレブンのスタッフが集まり、おにぎりの中の食材の味と食感を議論しました。 オニギリと呼ばれるこの製品はフランチャイズの最も重要な製品の一つで、毎年20億個以上が販売されています。 7-Eleven Japanの米・麺商品担当者のキム・ナクヨンによると、最近の価格上昇と品質のバランスをとりながら、自家製おにぎりの味を再現しようと努力したそうです。

キム代表は「味を最優先と考える」と話した。 「私たちはこのために施設とインフラを構築し、高品質の材料を使って製品を開発します。」

Isakaによると、分裂した米国市場を統合するために買収を推進する機会もあるそうです。 米国の10大コンビニチェーンが全体市場で占める割合は5分の1に過ぎず、セブンイレブンのシェアは8.3%に過ぎず、今後さらに成長する余地があることを示すと会社側は伝えた。 これに比べてセブン&アイ、ファミリーマート、ローソンなどは日本市場の93%を占めている。

現在20カ国と地域にセブンイレブンを運営している伊坂は、2030年までに10店舗をさらに追加する計画だ。 ヨーロッパではセブンアンドアイがパートナーを探すために「複数企業」と議論中だと彼は付け加えた。

行動主義の投資家であるValueAct Capital Managementは、同社の最大の可能性がコンビニエンスストア事業にあることに同意します。

しかし、投資家とSeven & iの経営陣が異なることは、より大きな価値を生み出す方法です。 ValueActは、小売業者が元の伊藤ヨカド雑貨店、Denny's Japanレストラン、成功した銀行ネットワークなど、複数の事業領域にわたって異なる事業を分割することを推進しています。 昨年、Seven&iはSogo&Seibu Co。 デパートチェーンを約2,200億円の企業価値でFortress Investment Groupに売却することに最終決定しました。

投資家の主張について尋ねたとき、Isakaは他の株主から同様の言葉を聞いたので、これはValueActに限定されないと言いました。 グループを解体すれば株主価値が毀損される危険があるとセブン&アイは語り、投資家の要求に反発した。 これに対して昨年、ValueActはIsakaと他の取締役会のメンバーを自身の候補者に置き換えようとしましたが、失敗しました。

「私たちが説明するのは、7-Eleven Japanの成長を世界の他の地域に移転するには、7-Eleven Japanの食品事業の成功も一緒に移転しなければならないということです」とIsakaは言いました。 「ただ店舗数だけ増やせば、とても弱い基礎の上にタワーを建てるわけになります。」

それにもかかわらず、投資家は感銘を受けなかった。 去る10月13年ぶりに初めて2000億円規模の自社株買取計画を発表したにもかかわらずセブン&アイの株価は2023年にもほとんど動かなかった。 同じ期間、ベンチマークTopix指数は25%上昇しました。 今年現在まで株価は約9%上昇した。

この小売業者の起源は、1920年に東京で設立されたYokado Clothing Storeにさかのぼります。 Isakaは、以前のCEOとの取締役会の闘争の後、別の行動主義投資家であるThird Point LLCの創設者であるDaniel Loebの支援を受け、2016年に経営権を握りました。 。 Isakaは、自分のお気に入りの7-Eleven製品には110円のコーヒーと草本というハーブ味の餅があると言います。

Isakaは、「新鮮な食品、カウンターのオリジナルドリンク、プライベートブランドのアイテムを提供して、顧客が訪問したい動機を与える店舗を作りたい」と述べました。


Grace Huangの助けを借りて。

READ  PS5先着順の販売を予告したNTT-X」予想を超えるアクセス集中」に送り出し。入手私続ける - Engadget日本版
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours