経済

日本のベラルーシ、日本の青梅にベラルーシ貿易センター開所議論

ミンスク、3月23日(BelTA) – ベラルーシ特別全権大使ルスランイェシンは3月23日、東京大都市青梅市の市場であるハマナカ圭一に会った。

「Ruslan Yesin大使はKeiichi Hamanakaに両者間の地域間協力の発展と有望な経済と人道的プロジェクトについてブリーフィングしました。 双方は大衆スポーツは、特にカヌーで協力することに合意した。 パーティーはまた、1967年から毎年開催される有名な青梅マラソンにベラルーシの選手の参加の可能性について議論しました。」と大使館は言いました。

日本の党は青梅市にベラルーシ貿易センター設立を置いて協議を開催するという提案を支持した。 大使館は「この経済プロジェクトはベラルーシの輸出業者と彼らの提案に対して、日本企業に通知するプラットフォームを作ることを目指しています。

青梅ハマナカ圭一市場とルスランイェシン大使

青梅ハマナカ圭一市場とルスランイェシン大使

3月23日、Ruslan Yesin大使はOme Shinkin Bankの副社長に会ってベラルーシ – 日本の金融部門の協力について話しました。

大使はまた、日本企業のNBR Shogo Furusawaの取締役とHotman企業Sakamoto Masayukiの社長に会ってベラルーシ軽工業企業との協力の展望を議論しました。

日本にあるベラルーシ大使館によると、ベラルーシの日本の主要輸出品は、カリウム肥料です。 その他の輸出品には、繊維、乳製品と木工製品、家電製品や計測機器があります。 2020年に各国はベラルーシと協力したり、協力しようとする日本企業の代表を集めたベラルーシ – 日本のビジネスクラブを設立しました。

写真提供:駐ベラルーシ大使館

READ  アジアは休暇の季節小康状態に陥って、アメリカのデータは輝きになります

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close