トップニュース

日本の半分は反対にもかかわらず、オリンピックが続くだろうと考えている。

日本国民の半分が2020年のオリンピックが今年の夏に行われるだろうと思っていると読売紙が月曜日に発表した調査によると、ほとんどの人がCOVID-19大流行期間中、オリンピック開催に反対しているにもかかわらず。

オリンピックは4次感染後の7月23日の開始時、主催者がボランティア、運動選手、公務員と日本人の安全を守る方法についての懸念で、すでに1年延期された。

野党議員は、いくつかの世論調査で、国民が好意的ではないことを示した後、この日の行事を早めるという決定について、議会で菅義偉首相と閣僚を燃やした。

政府高官は、政府が「安全な」ゲームのためにコロナウイルス対策を継続であり、国内の観客のために決定が今月下されるものと繰り返しました。

シュガーは「全世界の選手たちが安全に参加し、国民の生命と健康を守るために選手とオリンピックの関係者のための感染管理措置をとることが、オリンピック開催の前提だと思う」と語った。

6月4日から6日まで実施された読売調査で、回答者の50%は、オリンピックが今年の夏に行われるだろうと答えました。 26%は、観客なしで行われるだろうと答えました。 48%は、イベントがキャンセルされると答えた。

しかし、同じ世論調査では、ほとんどの回答者は、運動選手と参加者のウイルス対策が不適切であると答えたシュガー政府に対する大衆の支持は37%で最も低かった。

外国人の観衆は、すでにオリンピックに参加することができず、日本人は感染の危険を最小限に抑えるため、主催者が約束した「泡」のイベントから遠く離れていることもあります。

コロナウイルス(COVID-19)により、2021年に延期された2020年の東京オリンピック主競技場国立競技場の近くの日本オリンピック委員会(JOC)本部の外オリンピックリング記念碑の前で写真を撮ろうとする。 )2021年5月30日に日本の東京で発生。 REUTERS / Issei Kato

興奮よりももっと重要な健康

地方当局は、オリンピックの聖火リレー行事を縮小して、オリンピック選手たちのための開催都市を変えました。

埼玉県大野本広埼玉知事は月曜日に2つの公共観覧場設置計画をキャンセルすることを決定したと発表した。 大野は興奮よりも、感染予防がより重要であると述べた。

1988年のソウルオリンピックで柔道銅メダリストだった日本オリンピック委員会の委員Kaori Yamaguchiは金曜日、日本全域で自分の国がオリンピックを早めるように「隅々」したと言ってJOCが大衆より粗く乗ると非難しました。 意見。 もっと読む

「オリンピックは誰のために何をするか?オリンピックは、すでに意味を失い、それらだけ開催されている。私たちはすでにキャンセルする機会を逃したようだ」と共同通信社の意見を書いた。 。

NHKはオリンピックのために地方政府から募集した40,000人以上の「都市のボランティア」の中で、約3,500人が撤退したと報道した。 主催者によると、既に撤回した1万人のボランティアが追加される。 もっと読む

月曜日、日本のTwitterで最も人気のあるテーマの一つは、東京警察が市地下鉄で死亡した事件を調査したというニュースだった。 メディアの報道によると、JOCの高官が関連された。

私立放送局であるNippon Televisionは大都市の警察筋を引用して、その人をJOC経理部門で働いた人に確認して、彼の死が自殺容疑者として扱われていると述べた。

警察は捜査中だと言ったが、詳細に説明していません。 JOC代表は、委員会が情報を収集しているが詳細については明らかになかった言いました。

私たちの基準: Thomson Reutersの信頼原則。

READ  AMD、GeForce RTX 3080より電力でほぼ同じ性能の「Radeon RX 6800 XT」〜RTX 3090と対等に戦うことができ6900 XTも

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close