スポーツ

日本の唐沢ケニア、和田伸也、男T11 5,000mパラリンピック銀メダルと銅メダル

日本の長距離陸上選手唐沢ケニアと和田伸也が金曜日の国立競技場で行われた男子視覚障害者障害者のオリンピックT11 5,000mの試合でそれぞれ銀メダルと銅メダルを獲得しました。

パラリンピックデビューから10歳に視力を完全に失った唐沢はひと回りを回って競技場のほとんどを焦土化させた、ブラジルのエリツィンジャックがフィニッシュラインで先制ゴールを放って15分で線を超えた。 、13.62秒。

27歳Karasawaは15時18分12秒に家に帰ってきた3回のパラリンピック選手Wada(44歳)は、15時21分3秒を記録し、2012ロンドンオリンピックで同じ種目で獲得した銅メダルに別の銅メダルを追加しました。

Jacquesは東京パラリンピックで初めて陸上金メダルを獲得しました。

視覚障害者ランナーと視力ガイドは手首の周りに囲み、または指の間に固定されたロープに接続されます。 5000メートル以上のレースでランナーはレースの途中でサブ・アウトすることができる二人のガイドをしておくことを可能にします。

誤った情報とあまりにも多くの情報が共存する時代に 良質のジャーナリズムはこれまで以上に重要です。
サブスクリプションの場合、話をきちんと理解するのに役立つ可能性があります。

今予約購読

写真ギャラリー(クリックすると拡大)

READ  レッドブルF1の代表 "アルボンワオクラホマを交換しても同じような状況の繰り返し」[F1-Gate.com]

Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close