トップニュース

日本の外務大臣、米国を支援するためのより強力な軍隊の約束

USS LINCOLN搭乗(ロイター) – 日本の外務大臣は、土曜日にアジア海域を巡回する米国空母を訪問し、米国が地域安全保障を維持するのを助けるために軍隊を強化することを約束しました。

林吉正は、東京南海域で航海中のUSSアブラハムリンカーンの格納庫デッキで記者たちに「今日私は国家安全保障の最前線を直接経験することができた」と話した。 日本は防衛能力を「かなり強化」し、米国と緊密に協力するだろうと付け加えた。

林は、日本の懸念の中で、国際外交規範の冒涜とみなされるロシアのウクライナ侵攻が、近隣の中国が軍事力を使用して台湾を掌握し、近隣の日本島を脅かすように煽ることができると述べた。

日本はまた、日本の周辺海域における合同訓練を含め、中国がモスクワとの安全保障関係を深めることについて懸念を表明した。

中国はアジアへの意図が平和であると述べた。

USS Abraham Lincolnは1月のサンディエゴ海軍飛行場に配置されます。 ©ロイター

Hayashiは、Rahm Emanuelアメリカ大使と一緒に東京から空母に飛びました。 彼は、ロシアが「特殊作戦」と描写したウクライナ侵攻が、インド太平洋を含むヨーロッパをはるかに超えた地域で安全保障の危険をもたらすと警告した。

二人は最近、北朝鮮のミサイル発射に伴い、日本の海上自衛隊と海上訓練をした朝鮮半島近隣の東海で航海したリンカーン号のデッキで航空母艦飛行作戦を見守った。

READ  企業が人権問題に取り組むことを願う日本首相顧問

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close