経済

日本の広告大手Dentsu、退職した従業員に給与支給



Maya Otani、right is pictured on Aug. 5、2021 in Tokyo」s Setagaya Ward(Mainichi / Daichi Matsuoka)

TOKYO – 日本の寿命が100年に近づくと中年と老年を迎える人々が新しい進路、すなわち「第2の人生」を模索し始めました。 そして東京に拠点を置くグローバル広告巨大企業Dentsu Inc.は、これらの傾向に賛同して、40人以上の正社員に会社を超え、自分の野望のための足場を提供する実験的なプログラムを開始しました。

このプログラムに参加する人々は、正式に会社から引退して、小規模ビジネスを始めたが、Dentsuは、新しいプロジェクトを進行中の請負業者として10年の間に固定収入を提供しています。 会社にこのプログラムは、巣を離れるベテラン従業員との新たな関係を結ぶことができる方法です。

8月に秒平日、54歳のMaya Otaniは、東京世田谷区にあるソシ行く陶芸学校で陶器ろくろを回しています。

彼女は「まだ陶芸取る呼ぶことができませんが、会社通うよりも、少しずつ良くなっている」と述べた。 2022年2月に作品展示が予定されており、将来的に陶芸で生計を続けることが目標です。



Some of Maya Otani「s ceramic works are seen on Aug. 5、2021 in Tokyo」s Setagaya Ward(Mainichi / Daichi Matsuoka)

昨年末までOtaniはDentsuの正社員でした。 彼女は1992年に入社して18年の間にアートディレクターとして、大企業の販促ポスター、新聞広告などのデザインを監督しました。 しかし、彼女は最初の息子を産んで、その職責をやめて会社で、残りの時間のほとんどを、人的資源の開発、スタッフの健康管理と同様の分野で仕事をしながら過ごしました。

これらの変化により、子供の世話をする時間をより簡単に管理できるようになりましたが、彼女は憂鬱を感じることもしました。

Otaniは「人的資源の開発は重要な作業ですが、それは本当に私に適しているか気にしました。」と言います。 「形態と形があるものを作りたいという欲求だけ捨てることはありませんでした。」 だから、10年以上前に、彼女は陶器作りを習い始めたすぐにクラフトに魅了されました。 「どのような顧客のためのものもなかった。私はほしいと思って何かをすることができるということがとても楽しかったよりよくすることができる原動力になりました。」と彼女は回想している。

約7〜8年前大谷は早期退職を悩み始めましたが、最終的な決定を下すなかった。



2021年8月5日ここ東京世田谷区で見Maya Otaniは陶磁器の開発と小規模事業主として新しいビジネスを調達しています。 (毎日/大地松岡)

「陶芸家のように独立したに時間がかかります。」と彼女は言う。 「私は未婚と仕事をしなければ、家の中に入ってくるお金がないんです。中学生になる息子の将来の教育費をカバーするために必要なお金を考えるととても余裕ができませんでした。その段階」

その後、2020年にDentsuは「Life Shift Platform」プログラムを発表しました。 このプログラムに署名した40歳以上の正社員は退職金を受けて会社を辞めることができ、新規顧客の事業提案を含むDentsu子会社であるNew Horizo​​n Collective(NH)で動作するように下請け業者の契約を締結することができます。 大谷は、プログラムにサポートできる約2,800人の労働者のうち、約230人に1人でした。

Otaniは陶磁器作業をすると同時に、Dentsuと以前に接触したことのないお客様に広告プロジェクトを推進しています。 しかし、彼女は、その投球がよくなるかを心配する必要はありません。 Life Shift Platformの人々が新たなビジネスを創出するかどうかにかかわらず、会社を正式に去った後、最大10年間固定収入(平均前給与の50-60%)を取得します。

Life Shift Platformシステムは、実際に内部の提案の結果でした。 NH山口維持(53)社長は、「時代の変化に適当な場所がなく、しっかりとした演技をしていない人を見た。 私たちは、「100歳時代」を生きている。 60〜70代の既存の年齢や会社の枠にとらわれず、個人の長所を最大限に発揮できる方法を考えてみることという考えが含まれて、この「大実験」を提案した。 ‘ ”



Yuji Yamaguchi、president of Dentsu Inc. subsidiary New Horizo​​n Collective、is pictured on Aug. 26、2021 in Tokyo」s Chuo Ward(Mainichi / Daichi Matsuoka)

Dentsuの場合、このプログラムは、日本経済のバブル時代に入社した多数の中年と高齢者の従業員がこのプログラムを使用して早期退職をすることにより、コストを削減することができます。 また、優秀なスタッフがLife Shiftで退社しても小商工人として彼らとの接続を維持することにより、Dentsuは、新しい有望なビジネスプロジェクトが会社に導入される可能性の希望を置くことができます。

このプログラムには、もう一つの特別な機能があります。 早く退社する従業員が独自のネットワークを構築しているということです。 月に数回、彼らは一緒に集まって、自分の状態を話して、時には仕事を手伝ってくれます。 たとえばOtaniはLife Shiftネットワークの個人的な接続を介して東京の着物生地の店でセラミック “obidome”( “obi」着物チヨンクリップ)の販売を開始しました。

Otaniは「連絡したことがない人と親しくなることができ、仕事の紹介を受けるときに役立ちます。」と言います。 「この仕事を一人でするものではないという事実が、本当に大きいです。 ”

日本の会社員は、一般的に60歳に定年退職をするのが一般的でした。 しかし、日本の減少する人口のために労働力プール減り、国民年金が維持されることができるかについての懸念が高まり、政府は、その数を増やそうと試みています。 雇用の高齢者です。



Ceramic “obidome” or clips for kimono sashes、made by Maya Otani are seen on Aug. 5、2021 in Tokyo」s Setagaya Ward(Mainichi / Daichi Matsuoka)

今年4月、日本の高齢者雇用安定法が改正され、企業は、従業員に70歳まで働き続けることができる機会を確保するために仕事を義務化しました。 内閣府の統計によると、60歳以上の労働者のほぼ90%が就職を希望します。 70歳以上になるまで仕事を続ける。

東京の法政大学生涯学習と職業研究学部の田中ゲン助教授は、「会社が何でも、職業が何であれ、長期的に継続仕事をする人々が新しい技術を学び、更新する必要があります。」と言いました。 「環境が変わっても継続動作できるように、自分の能力を見直すことが重要です。たとえば、営業経験のある人がいれば、顧客が確定注文をするようにする方法を知っている必要があります。 ”

しかし年配の従業員に自分のビジネスを開始することを奨励するDentsuのアプローチは、プログラムに参加する人々にいくつかの欠点があります。 彼らは、自分のすべての公共健康保険料と年金の貢献を納付し始めなければならず、このうち半分は雇用される会社で受領します。 自営業者も、原則として、雇用保険や労災保険に加入することができません。

弁護士であり、労働問題の専門家である川上克人は毎日新聞とのインタビューで、「人々が働く方法が多様化しているが、日本の社会福祉システムは、まだ人々を会社員で縛って、今日の現実を追いついていない。小商工人を労災保険や雇用保険に加入させるなど、日本国民すべてを捕らえることができるセーフティネット」と述べた。

(Japanese original by Daichi Matsuoka、Tokyo Business News Department)

READ  中核営業利益を引き続きサポートするNippon Lifeの安定したビジネス

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close