トップニュース

日本の政権与党との世代葛藤衝突

TOKYO – 日本の与党を長い間支配してきたオフセット政治は比較的新しい党員が次期党首選出の忠誠より世論調査を見て終わりが来るかもしれない。

菅義偉(菅義偉)首相の後を継いだ自民党の代表を置いて複数の候補者が競争しているが、これは自民党の衆院来世を考えると首相への移動も意味するものと見られる。

岸田文雄前党政策局長は、すでに選挙戦に乗り出し、河野太郎行政改革相は出馬を決定し、ダッカ市早苗前総務相も出馬の意思を明らかにした。 野田聖子事務総長代行も出馬を検討している。

しかしヒョンジクジャが再選を狙わない今回の選挙戦では、明確なリーダーがない。

外交委員会(Council on Foreign Relations)のアジア太平洋研究主任研究員であるシーラ・スミス(Sheila Smith)は、「自民党内で重要な世代の変化の頂点にいる」と述べた。

Smith氏は、「彼らの瞬間を待っているリーダーシップの潜在の完全な世代があります。」と言いました。 「今この瞬間か?本当の問題は、陣営の陣営ではなく、陣営内部の世代分裂である。 “

派閥は、しばしばブロックで問題と党内選挙に投票する政党内のサブグループです。 彼らは議員に資源を提供して、彼らは政治的に繁栄することができます。 選挙運動支援から議員を運営するための資金を提供に至るまで。 派閥指導者はまた、ビジネスや官僚系の影響力を行使し、これをメンバーに拡張します。

シュガーが出馬しないことをした理由の一つは、遅くとも11月28日までに行われる次期衆院選でシュガーが執権して自民党が勝利していないという懸念を複数若い自民党議員が表明したためだ。

自民党の政権を触発した2012年衆院選で国政に入門した議員たちが今3線を控えている。 これらの3線のうち84人が、他のグループよりも多い。 2014年と2017年に初めて選出された議員を含めると3線以下の議員が自民党全体下院議員の46%を占めている。

難しい選挙を一度も経験していない子供のメンバーは、シュガーの支持率が低く、他のリーダーを押し通す開始した。

Declared and potential contenders to lead Japan」s ruling Liberal Democratic Party include、from left、Fumio Kishida、Taro Kono、Shigeru Ishiba and Sanae Takaichi(Source photos by Wataru Ito、Yumi Kotani and Uichiro Kasai)

昨年の総選挙でシュガーを支持した細田・麻生陣営でもメンバーらは、今回はシュガーを支持するために合意点を見つけなかったという立場だ。 だから、若いメンバーも派閥も負わないシュガーは本当に退くしかなかった。

一番最初に出馬を宣言した岸である菅ではなく、他の人を抜いてたい気持ちを叩いた。 そして、彼は当選すれば二階俊博(Nikai Toshihiro)事務総長を解任すると発表し、党幹部は、3年連続で1年の任期のみを実行する必要がありだと主張しました。

キシ近づい若くそれほど重要党員を要職に任命しようとする計画は3再任党員の雰囲気を反映したりする。 一部のグァンチュクトンは岸に近づいシュガーとの一対一の戦いで優位を占めるだろうと信じていた。

世論調査で、次期自民党代表候補に選ばれる河野候補が出馬し、状況は変わった。

河野は、主に若い自民党議員の支持を受けている。 58歳の彼は党内ソーシャルメディアに精通した世代のリーダーであり、派閥を導くない。 Konoが属するTaro Asoの派閥はKishidaとKonoのサポートに分けられます。

前回シュガーを支持した細田陣営はまだ未定だ。 この陣営で揺れている安倍晋三(安倍晋三)元首相がダッカ理を支持するという立場だ。 TakaichiはHosoda派閥に属したが、現在は所属がありません。

細田派は自民党政策首席下村博文の名前が再び浮上した。 自民党の最大派閥のメンバーがすべて同じページにいるわけではありません。

スミスは「「キングメーカー」である安倍と麻生はこの世代間の緊張を実際に検出しているので、これ以上の数を約束することはできないため、どのようにナビゲートするか見守ることは興味深いだろう」と述べた。

このような状況に照らしてみると、世論調査でKonoほど人気が​​あるIshibaはまた、一回の予備選挙に重きを置いています。 支持者は、党員が自民党議員のような得票をするので、今回は彼が良い機会を持っていることを信じている。

2012年自民党が政権を握ったので、老年の近衛兵が銃を向けています。 このグループには、7年以上首相を務めた阿部が含まれます。 副首相職に残っている彼の近くの同盟麻生; 安倍首相になる前官房長官を務めた菅。 そしてニカこの他の党の大物選手たち。

自民党議員276人の平均年齢は59歳であり、60歳未満が半数近くを占めている。 ほぼ5分の1は、派閥に属していません。 複数の先輩が引退を宣言して、党が若返るのは当然である。

自民党の30〜50代の3選議員20人余りが、今月中に指導部の選挙と当改革案の勧告を作成する予定である。 訴えダパに属する福田達夫議員は「今すぐの意味に左右され、非公開で決定するというイメージを消ししてやる」と述べた。

昨年、自民党の総選挙で党派は無所属シュガーの当選可能性を理由に支持した。 派閥は今回もカードを保持していません。 自民党が若い世代と派閥政治の間の戦いを経験しながら、競争力がある。

READ  日本の活動家たちは撤退を望んで

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close