経済

日本の鉄鋼大手、緑のレースでリサイクル金属に転換

日本の最高の生産メーカーであるNippon Steel Corp.は、野心的な純ゼロエミッション目標清浄鋼の開発競争を強化により、金属リサイクルに焦点を当てています。

脱炭消化に向けた歩みを踏み出すのは、4月から始まる日本製鉄の中期事業計画の柱の一つと宮本克洋副社長が先週のインタビューで語った。 その努力の一環として、この会社は、金属を大量生産するためにスクラップで鋼を作成するために使用されるより大きな電気アーク炉を作る研究を進めていると述べた。

鉄鋼メーカーは、2050年までにカーボンニュートラルになることを目標としているヨーロッパ、中国、日本政府が設定した順ゼロエミッション目標に対応しなければならないという圧力を受けています。 金曜日に発表された国連の報告書は、新しい国の気候公約を総括して努力を結論に達しまし。 地球温暖化を遅らせるために必要なものよりもはるかに不足します。

宮本は「政府が政策を発表して以来、カーボンゼロ対策を事業計画に含めることだろう」と述べた。 「まず、我々は、研究開発にリソースを割り当てる必要があります。 “

世界で3番目に大きい生産者は、1世紀以上、より汚染された炉で採掘された鉄と石炭で鉄鋼を作ってきました。 電気炉は、炉に比べて二酸化炭素の一部を放出がスクラップに不純物が含まれているため、高品質の鋼を作ることはまだ難しいことです。

鉄鋼は日本の製造業で最大の汚染源であり、日本の鉄鋼連盟は、業界が2050年までに炭素中和を目標にすると明らかにした。 日本製鉄の会長でもある橋本エイジ連盟会長は、次のように警告しました。 国内生産がクリーンスチール開発のためのグローバル競争で遅れをれる場合、「生存の危機」に直面することになるでしょう。

高品質のリサイクル鉄鋼を作ることに加えて、日本の老朽化した施設での運営を簡素化し、縮小された国内市場を脱し拡大することがNippon Steelの中期事業計画の焦点領域になるとMiyamotoは付け加えた。 今月末までに計画。

中国強力な需要と世界経済の刺激策は、世界の鉄鋼市場を引き締めており、これは今年も続くだろうとMiyamotoは言いました。

それにもかかわらず、日本の人口が減少し、より多くの国が独自の市場のために鉄鋼を生産しようとすることにより、内需と輸出は長期的に減少するとMiyamotoは言いました。 粗鋼生産量は前年会計年度9,840万円に比べて、最終的に8000万トンにより落ちると彼は言った。

誤った情報とあまりにも多くの情報の時代に 良質のジャーナリズムはこれまで以上に重要です。
サブスクリプションの場合、ストーリーを正しく伝達するのに役立つことができます。 当ㅇㅇㅇㅇㅇㅇㅇㅇㅇㅇㅇㅇㅇㅇㅇㅇㅇㅇㅇㅇㅇㅇㅇㅇㅇㅇㅇㅇㅇㅇㅇㅇㅇㅇㅇㅇㅇㅇㅇㅇㅇㅇㅇㅇㅇㅇㅇㅇㅇㅇㅇㅇㅇㅇㅇㅇㅇㅇㅇㅇㅇㅇㅇㅇㅇㅇㅇㅇㅇㅇㅇㅇㅇㅇㅇㅇㅇㅇㅇㅇㅇㅇㅇㅇㅇㅇㅇㅇㅇㅇㅇㅇㅇㅇㅇㅇㅇㅇㅇㅇㅇㅇㅇㅇㅇㅇㅇㅇㅇㅇㅇㅇㅇㅇㅇㅇㅇㅇㅇㅇㅇㅇㅇㅇㅇㅇ

今予約購読してください

写真ギャラリー(クリックすると拡大)

READ  プジョー3008の強化新型表情一新...欧州発表| 応答(Response.jp)

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close