技術

日本人の間で共産党のイメージに苦しむ中国人

普通の中国人は木曜日創建100周年を迎えた共産党が全体的に国家イメージを毀損し、日本との私的な交流を妨害することを懸念している。

45歳の建築家腸は「中国は共産党と等しくない」と述べた。 “私はより多くの日本人が中国を訪問し、コロナウイルス感染症の緩和に伴う旅行制限の後、現在、私たちが何なのか、より多くの知ると思います。」

習近中国のコメント(上記)が2021年7月1日、北京天安門広場で共産党創立100周年を記念する行事で演説をしている。 (教徒)==教徒

一部の専門家は、日本の市民の間では、中国の悪い印象が必ず共産党によって提起されたものではなく、この問題の核心は、急速に成長するアジアの国の根本的な偏向認識と付け加えました。

「中国を訪問し、中国をよりよく知っている日本人も日本で自分の実際の経験を表明するために問題があります。ほとんどの人が受け入れない見解」と東京国際基督教大学准教授Stephen Nagyは言いました。

彼は「日本には、人々が多数と調和するグループ内およびグループ外のダイナミクスがある」と付け加えた。

習近平中国のコメントは木曜日式で基調演説で、中国を動揺させる」14億の中国人の鉄万里の長城前頭部が折れ流血」に直面するだろうと言いながら、外勢に強硬にアクセスしました。

多くの中国市民は与党の香港、台湾、南海と東シナ海の与党の攻撃的断固たる態度が日本を含む近隣諸国に深刻な脅威になることがあるという懸念を共有したことになります。

人々は2021年7月1日、北京天安門広場で中国共産党創立100周年を記念する行事の開始を準備します。 (教徒)==教徒

彼らはまた、中国が主張する中国の知的財産の盗難や腎臓での人権侵害のような米国が提起した問題のために、より多くの日本企業が中国市場を残すことができるという懸念を表明しました。

共産党主導の政府が勃発初期段階でウイルスの情報を隠蔽しようとする試みは、「中国のイメージに大きい打撃を加えた」とZhangは言った。

実際に最近、中国本土の肯定的な感情を持つ日本人の数が減少しています。

日本の独立シンクタンクGenron NPOの調査によると、中国の「不快な」印象を受けた日本人の割合は、2020年89.7%で、前年比5ポイント上昇した。

このうち57.4%は、中国船舶が東シナ海で中国が支配する尖閣諸島周辺海域に侵入したと批判し、47.0%は共産党一党統治について不快感を感じると答えた。

一方、昨年9月から10月まで実施した調査によると、中国人の45.2%が日本に対して「良い」は、画像を持っていると答えた。 この割合は、2005年の比較データが公開された後、二番目に高い数値です。

中国が日本に対して肯定的な態度を見せる最も一般的な理由は、日本人が「礼儀正しく」「高い文化的基準」に「マナーを重視するからだ」と組織は言った。

日本は1945年まで続いた第二次世界大戦が終わる前に、中国を侵略しました。 共産党の反日教育を背景に、多くの中国人は日本に対して否定的な感情を抱いていると思われます。

共演者は、2021年7月1日、北京天安門広場で中国共産党創立100周年を記念するためにイベントの前に練習をします。 (教徒)==教徒

50代の主婦量メイは “しかし、日本を訪問したほとんどの中国人の友人は日本が好きだと言う。日本のアニメとドラマはもちろん、日本人のおもてなし、清潔、安全を好む」と述べた。

「日本人が中国に来れば、中国を好むかもしれない。 最先端の技術に満ちた韓国の印象をバクギル望む」と述べた。

日本は、デジタル技術で、世界で二番目に大きい経済に遅れており、中国を訪問していない日本人は知ることができません。

中国でのスマートフォンの所有者は、現在、自転車の共有サービスでタクシーに至るまで、ほぼすべてのもののスマートフォンを使用しており、町のキオスクでも都市の高級デパートでも、ほぼすべてのレストランや店で現金なし支払います。


関連報道:

中国共産党100周年記念

中国のXi、100年の共産党の業績を宣伝である

中国共産党は、自宅で新たな脅威に対抗しなければすることができます


車輪ロボットは配信された製品を、いくつかのアパートの部屋に運びます。 交通法規違反を取り締まるために、顔認識監視カメラが全国的に活用されています。

ウイルス関連の技術は、スマートフォンにインストールされた健康コードシステムを介して人が感染の危険が高いか、ウイルス検査の結果、音声のか、予防接種を受けたかどうかを知ることができる。

それにもかかわらず、中国の日本のジャーナリストは「このような技術を使用することは共産党が確認したり、ビッグデータの源として活用される個人情報を開示することと一致していることを考えると、これらの技術を積極的に報告しないだろう」とと述べた。

彼は「私たちは、日本の安全保障を脅かすことができる中国の動きに常に疑わなければならない。この場合、中国は、一般の中国の市民で構成され、国がなく、共産党を意味する」と述べた。

しかし、日本と中国の関係をよく知っている、アジアの外交官は、日本のジャーナリストが「第二次世界大戦後、基本的に、中国人を嘲笑したので、中国の良い面を報告したくない」と発言を無視した。

中国は2021年7月1日、北京天安門広場で共産党創立100周年を記念します。 (教徒)==教徒

外交官は「多くの日本人は、まだいくつかの分野で日本の技術は、もはや中国より優れてないという事実を受け入れられずにいる。彼らはまだ、中国が日本の技術を盗んで模倣を続けていると信じてたい」と語った。

「一部の日本ジャーナリストが中国での肯定的な現象を報告ししようとする他のジャーナリストは、拒否することです。彼らは再びそれをしないことです。そのような状況では、日本人は、中国の良いイメージを持っていないでしょう。」

36歳のエンジニアであるリジン元は「中国人すべてが共産党に順応するわけではない。日本人が偏見なしに、中国を見て、本質的に親切でフレンドリーな中国人とうまくジネギル望む」と述べた。

Nagyは「知識不足」が部分的には、日本人が中国人にウォームアップしていないせいだと述べた。

彼は「中国との直接の経験は、この状況を改善するだろうが、ウイルスの拡散の影響で、今後数年の間には、難しいだろう」と述べた。

READ  赤城耕一の「赤城カメラ「第11回:ハッセルブラッドCFV II 50Cに感動物語 - デジタルカメラWatch

Nakama Shizuka

"フリーランスの学生。微妙に魅力的な料理の達人。トータルベーコンの先駆者。旅行の第一人者。自慢のオーガナイザー。"

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close