経済

日本企業、2022年3月、バックツーザ・ドア合流

日本企業は、人間がどれだけ早く月面に戻ることができるかを予測できる他の月探査野望とリハーサルでいっぱいの2022年末までに個人月着陸船を発射する計画を推進しています。

この計画が維持されれば、東京に本社を置いたアイスペース(ispace)という会社が日本宇宙船が月に初めて完全に着陸を達成することになる。 そして、それが到着した頃は、ロシアとアメリカで今年すでに月の表土探査を始めた他の新しい訪問者を見つけることができるでしょう。 (中国探査船Yutu-2は現在の月で唯一のロボットミッションです。)

2022年の他のミッション、特にNASA Artemis-1ミッションは、宇宙飛行士を月に連れて行く米国のハードウェアの重要な無人テストです。 韓国は今年末初月の軌道線を発射することもできる。

しかし、2022年に月に到着することを望んだ他の国々は遅れました。 インドは今年、第2ロボット月着陸の試みを計画していた。 しかし、Chandrayaan-3のミッションは2023年半ばに延期されました。 K.シバンが言った、彼は今月、国家宇宙局議長の任期を終えた。 一方、ロシアは Luna-25 着陸船、今夏の離陸

アイスペースが作ったM1月の着陸船は、小さなホットタブのサイズです。 最近、James Webb宇宙望遠鏡を発射したロケットを作った会社のヨーロッパパートナーであるAriane Groupの施設で、ドイツでの組み立ての最後の段階にあります。

4月に救助テストが計画通りに進むと、M1はSpaceX Falcon 9ロケットの1つを発射するためにフロリダのNASAのケネディ宇宙センターに出荷されます。

博多武志アイスペース創業者兼最高経営責任者(CEO)は、火曜日、日本で開かれた記者会見で「今日、現在具体的な発売日は早ければ2022年末に予定」と話した。

月の着陸は、燃料を節約し、M1の着陸船が運ぶことができる貨物の量を最大化するために長い月の軌道を使用するため、3〜4ヶ月後に行われます。

数年前、ispaceはGoogle Lunar X Prizeのファイナリストでした。 この大会は、個人月探査を刺激するための2千万ドルの賞金を受け取らずに2018年に終了しました。 グーグル賞を受賞することはできませんでしたが、会社は 2017年に9000万ドル以上の募金 政府、研究機関、民間企業のためにペイロードを月面に運ぶ将来の健康的なビジネスを見てください。

その野心的なスケジュールは、地球に返却するか、月面の構造を拡大するために使用できる鉄やシリコンなどの貴重な資源のためにロボットで月を採掘することを計画している宇宙会社の間で、今後10回以上の月着陸を予想しています。

アイスペースの初月着陸顧客は、多様な地形によって形を変えることができる小型ローバーの試験を目指す日本宇宙局JAXAと、初月探査ロボットである4号を送るアラブ首長国連邦の宇宙プログラムだ。 – 車輪付きロボットRashid。

国と民間企業は、近年、火星探査に使用される宇宙船やその他の技術の足場として機能する可能性に注目しました。 Artemisプログラムは、月にかかるコストを削減するために民間企業に大きく依存しており、さまざまな月サービスのための商業市場を活性化することを望んでいます。

ispaceのM1ミッションは主に月での作戦を実演するためのものですが、同社の次のミッションであるM2は表面周りを運転し、月の地形を研究するために製作された独自の「マイクロローバー」を搭載します。 アイスペースの下村秀樹(Hideki Shimomura)最高技術責任者(CTO)は、エンジニアリング日程変更と顧客の日程を受け入れるために、この任務が2023年から2024年に延期されたと述べた。

2つの米国の会社も今年になる前に月を目指しています。 ピッツバーグの宇宙ロボット会社AstroboticとヒューストンのIntuitive Machines。 両社とも、月面に研究機器を送ることができる個人所有着陸船の開発資金を支援することを目指すNASAプログラムであるCommercial Lunar Payload Servicesの支援を受けて宇宙船を製作しています。

READ  PHVは人気過ぎてご注文のキャンセル!国内復活で瞬く間に人気のSUV上がっRAV4がすばらしい【すべての声を聞いてみた】(MOTA) - Yahoo! ニュース

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close