経済

日本国会開会式。 高騰水辺、旧統一教の注目

日本国会は7月、参議院選挙以後初めて本格的な国会討論の機会を提供する臨時会を月曜日に招集する予定だ。

物価の急騰に対処するための経済対策と政治圏と旧統一教の関係が核心争点になる見通しだ。

岸田文夫首相は会議初日各上院で政策演説を行う予定だ。 彼は、高価な物価やその他の経済問題を解決するための新しい措置パッケージを提案します。

これには、人々が成長している分野で働くのを助ける再教育プログラムなどの人的資源開発プロジェクトに5年間にわたって1兆円または約69億ドルを費やす計画が含まれると予想されます。 これは賃金引き上げのための努力の一環である。

岸田代表はまた、電気料金の引き上げによる家計と企業の経済的負担を軽減するという意味も明らかにした。

政党代表は水曜日から3日間彼の演説について質問を投げる予定だ。

政府と執権連合は、議会が今月に作成したい新しい経済パッケージ資金を調達するために、追加予算を迅速に渡すよう努めます。

彼らは、今回の措置が最近、多くのメディア機関の世論調査で示された岸田内閣支持率の下落を逆転させるのに役立つことを願っているようです。

野党は経済提案の実効性を検討し、旧統一教と内閣を含む岸田の執権与党である自民党議員間の関係を明らかにするものと見られる。

現在、世界平和と統一のための家族連合として知られるこの宗教団体は、疑わしいマーケティング慣行と疑わしい寄付金収集計画に関わっていることが知られています。

野党も去る火曜日、安倍晋三元首相の局長問題で政府と与党を圧迫すると見られる。

葬儀を2週間以上控え、NHK世論調査で回答者の半分以上が葬儀を行うことを賛成しないことが分かった。

国会本会議は12月10日まで69日間行われる。 与野党は来年の春統合地方選挙を控えて熱い討論を行う見通しだ。

READ  所得税の障害物は、超高速列車プロジェクトを妨げています。

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close