トップニュース

日本岸田首相、中国・ウクライナ東南アジア訪問に注目

岸田文夫日本首相が2022年4月26日、日本東京で記者会見をしている。 David Mareuil/Pool via REUTERS/File Photo

今すぐ登録してReuters.comへの無料無制限アクセス

東京、4月29日(ロイター) – 岸田文雄日本首相が29日、ウクライナ事態に対する地域的対応を結集し、域内で増加する中国の主張に対応するため、東南アジアの長期訪問を開始する。

日本はアジアの唯一の7カ国(G7)加盟国として、ロシアのウクライナ侵攻に対する会談を持ち、シンガポールの国だけがロシアに対する制裁に参加した東南アジアで対応を強固にすることを希望すると管理者が語った。

日本はまた、増加する中国の主張に関連する地域安全保障問題について議論することを熱望しているのに対し、経済へのアクセスを失うことを懸念している東南アジア諸国は、日本の主要同盟国である米国と中国間の激しい対決を避けようとしています。

今すぐ登録してReuters.comへの無料無制限アクセス

松野博和官房長官は木曜日の記者会見で「首相は自由で開放されたインド・太平洋を実現するためにさらに協力することを希望する」と述べた。 「我々はまた、いくつかの地域問題について広範な議論を期待しています。」

岸田首相は、今年ロシアが加入したG20主要経済国であり、この地域の主要経済強国であるインドネシアを先に訪問します。

インドネシアは来年、東南アジア国連(ASEAN)議長も務める。 岸田さんは先月この団体を率いるカンボジアに行ってきました。

続いてアジア太平洋経済フォーラム(APEC)議長のベトナムを経てタイを経てヨーロッパに進出する。

安倍晋三 日本首相の時代、日本の最長数外務相となった岸田は来る7月参議院選挙を控えている。 政治アナリストらは、外交的技量を自分の強みの一つに挙げたいと言う。

日本は来月、ジョーバイデン米大統領とオーストラリア、インド首脳を招待し、地域安全保障に関するいわゆる第4次会談を行う予定だ。

今すぐ登録してReuters.comへの無料無制限アクセス

Elaine Liesの報告。 Gerry Doyle 編集

私達の標準: Thomson Reutersの信頼原則。

READ  オリンピック:日本人のほぼ60%が森が2020東京のシニアの役割に適していないと思います。

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close