トップニュース

日本海を中心とした大雪予報

日本の気象庁は、週末に東海を中心とした地域に大雪が降ると予想した。 彼らはゴミの山が雪崩の危険を引き起こす可能性があり、人々に屋上から降りる雪に注意するように警告しています。

日本の気象庁は、強い冬の気圧パターンと寒冷気団が北海道から中央区に至る地域に影響を与えていると述べた。 新潟県、長野県、滋賀県に目が去っています。

日曜日の夜から北陸地方と新潟県は24時間最大80cm、長野県と岐阜県、関西地方は70cmになると予報された。

当局者は、冷たい基盤が太平洋に移動すると予想しており、東海地域の低地やその他の地域にも雪が積もることができると述べた。

彼らは、条件が輸送サービスを妨げる可能性があると言います。

東海沿岸の一部地域では、既に累積積雪量が平年の2倍以上です。

READ  ユニバーサル・スタジオ・ジャパン、ポケモンカンパニーとのパートナーシップを発表

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close