トップニュース

日本皇太子、娘結婚報道に「ひどいこと」批判

エレインライズ

東京(ロイター) – 日本の皇太子は去る火曜日、王室の地位をあきらめ、王族ではない人と結婚した元娘の真子姫の婚約を報道し、メディアは虚偽と「ひどいこと」と批判した。

真子(30)は、ゴムロケイ(30)との結婚を母親に関連したスキャンダルによる反対に約3年間延期した。 当時、真子は外傷後ストレス障害と診断された。

日本法により、真子は二人が現地事務所に書類を提出して結婚し、今月ニューヨークに去り、王室の地位を放棄した。

一王の弟である秋野皇太子は56歳の誕生日を迎え、記者会見で日本王室としては異例的に率直な発言をした。

「タブロイド版を読んでみると、正確にどう言うべきかわかりませんが、そこには操作された内容がたくさんありますが、私たちが聞くべき意見もあります」とアキシノは言いました。 メディアの報道と娘の診断との関連性

2017年、米国弁護士の真子とゴムロが婚約を発表した時、日本は熱狂したが、このスキャンダルに対する暴露でメディアの熱い関心と批判があふれた。

秋野氏は「インターネットの記事についてもコメントがたくさん走り、一部は本当にひどい話をした」と付け加えた。 「この誹謗に心が痛む人々がある」。

一部の王室関係者は、結婚反対デモを誘発した真子の結婚に対する怒りが、家族の生活を掌握する宮内庁(IHA)のより上手な処理で和らげられた可能性があると述べた。 海外の王室。

アキシノは、IHAは時々ウェブサイトの「エラー」情報を修正しますが、さらに必要になることを示唆していると述べました。

彼は「ある記事について論争をするには適切な基準を定め、その基準を超えたときに抗議しなければならない」と話した。 「否定的な報道が続くことがあり、IHAと協議してそのような基準を定めることを考慮することが必要だと思います」

(Elaine Liesの報告、Karishma Singhの編集)

READ  大泉洋主演映画会見で、彼の紅白社会材料を開く...司会者、映画の話題と(デイリースポーツ) - Yahoo! ニュース

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close