日本財務長官、岸田首相の税金還付のアイデアに疑問を提起

Estimated read time 1 min read
読売新聞
鈴木純一財務上(左)が金曜日、首相官邸で開かれた各議会に先立ち、岸尾首相(真ん中)、高一サナに経済安全賞とともに写真を撮っている。

鈴木純一財務上は昨日岸田文夫首相の予想より多くの中央政府税収返却計画に対して「財政的根拠が十分ではないと考える」と懐疑的な立場を表明した。

鈴木総理の発言は、今月末までに編成される経済パッケージに税還付措置を含めようとする岸田首相の意図に関して、内閣後の会議記者会見から出てきました。

財務大臣の発言は、与党が予想外の現金を減税やその他の公共の恩恵に使用しようとする動きを遅らせようとしているようだ。

財務省は2022年度の税収を当初65兆2000億円と推算したが、去る7月に発表された決算によると、実際の数値ははるかに高い71兆1000億円となった。

首相は、2022年度以降にこの超過収益を国民に返却するという考えを考え出したと推定されます。

岸田首相が率いる自民党連盟パートナーである共明党の石井慶一事務総長は、この日の演説で減税する経済パッケージで実行可能なオプションだと述べた。 「人々は所得税の減免の恩恵を受けるでしょう。 [rather than a reduction in the consumption tax rate]「と石井は言った。

ただし、首相と与党の期待に合わせて税収が増えない可能性もある。 8月末基準で2023会計年度の税収は14兆2000億円で、昨年同期より12.1%減った。 今回の会計年度には2022会計年度に事前納税をした企業の税金申告が増えたためだ。 これらの税務申告が継続される予定であるため、2023年度の法人税収入は予想より低くなる可能性があります。

鈴木は「特定地域では税収が増加しないと見る」と話した。 「法人税の状況が良くない」

READ  「半沢直樹」の「倍返し」犯罪スレスレだった? ドラマで話題のシーンを現役銀行が解説 - エキサイトニュース
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours