日本銀行(BoJ)は非常に緩い政策を維持し、インフレの見通しを下げました。

Estimated read time 1 min read

日本銀行(BoJ)は、最近の地震による混乱による予想される動きと、銀行が非常に緩い立場から抜け出す可能性についての推測が大きくなっているにもかかわらず、火曜日に通貨緩和措置を維持しました。

2日間の政策会議の後、取締役会のメンバーは、金利をマイナス領域に維持することにしました。 これは、ドル対円の価値を落とすと同時に、10年満期の国債金利が変動する帯域をそのまま維持する世界的な異例の現象です。

アナリストらは、日本中部で少なくとも233人が死亡した旧正月地震以降、さらなる混乱を避けるためにBoJが安心すると予測した。

しかし、上田一雄総裁は、最終的に経済学者が持続不可能であると見ている銀行の長い緩やかな政策から抜け出すと予想される。

日本銀行は「所得から支出への好循環が徐々に強化され、日本経済は潜在成長率よりも速いペースで成長し続けると予想される」と話した。

それにもかかわらず、「日本の経済活動と物価をめぐる不確実性は極めて高い」と付け加えた。

続いて「銀行は経済活動と物価、金融条件などの変化に敏捷に対応しながら忍耐心を持って通貨緩和を継続していくだろう」と話した。

インフレが上昇し、他の中央銀行が暴走する物価を抑制しようと2022年から金融政策を縮小する状況でも、意思決定者はこの措置をしっかりと固守してきました。

新鮮食品を除く日本のインフレは12月に再び鈍化し、2.3%で金曜日の数値に現れました。

しかし、BoJは、この増加はエネルギーコストの上昇などの一時的な要因によるものであり、火曜日に次の会計年度のインフレ見通しを2.8%から2.4%に下方修正しました。

4月、銀行は1990年代以来、日本を悩ませていたデフレを終えようとする「非伝統的な」試みの検討を始めました。

そして、政策立案者は、債券を管理し続ける利回り曲線制御プログラムを若干調整するなど、方向を変える意向があることを数ヶ月間暗示してきた。

しかし、タイミングが重要です。 上田は経済的衝撃を最小限に抑えながら、正常化を求める圧力に直面しています。

銀行は安定した方法で2%のインフレを達成したいと考えていますが、「日本の消費が弱すぎて賃金の引き上げも実質的に低いため(政策を正常化する)適切な時期ではない」と前BoJ理事白井さゆりがAgenceに語りました。 フランスプレス(AFP)。

それにもかかわらず、「BoJが2%目標の持続可能性にかかわらず正常化を施行したい場合は、今年する方が良い」と慶應義塾大学経済学と白井教授が語った。

SuMi TRUSTのシニア戦略家である稲戸勝之氏は、火曜日の決定に先立ち、銀行は「暫定的かつ段階的に政策を変更する」と述べた。

能登半島を荒廃させた1月1日、地震の衝撃で銀行関係者は今回もまた考えることになったかもしれない。

稲洞は「能登地震の被害と経済的影響が評価されるまで、日本銀行(BoJ)が政策を変えるのは難しい」と話した。

デイリーサバニュースレター

トルコ、トルコ地域、世界で何が起こっているのかを最新の状態に保ちましょう。

いつでも購読をキャンセルできます。 加入することで、お客様は当社の利用規約および個人情報保護方針に同意することになります。 このサイトはreCAPTCHAで保護されており、Googleのプライバシーポリシーと利用規約が適用されます。

READ  BOJはインフレのために留保する:上田
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours