日本首相、安保懸念の中、米・毒首脳会談のために出国

1 min read

日本の岸田文夫首相は水曜日にワシントンに出発し、NATO首脳会議に出席し、ロシアと中国が提起する深刻な安全保障問題に対処するための同盟との協力を確認しました。

日曜日までの5日間の海外巡回期間中、岸田はまたオラフショルツ首相と会談のためにドイツを訪問する予定であり、経済安全保障が議題の最優先事項となる可能性が高い。 両指導者は、会合後に共同記者会見を行う予定です。

岸田外務大臣は、東京を去る前に記者たちに、「この機会を借りて、NATOとインドと太平洋のパートナー間の持続可能な協力関係を再確認したいと思います」と話しました。

日本首相岸田文夫が2024年7月10日、東京首相室で記者たちと会話している。 (刑務所通信)

インド太平洋地域と欧州の安全保障が分離できないという考えに基づいて、東京は民主主義などの根本的な価値を共有する他の同様の考えを持つ国々と共に、近年NATOとの関係を強化するために努力してきました。 。

日本はNATO加盟国ではないが、岸田外務相は3年連続NATO首脳会議に参加し、2022年2月に始まったロシアのウクライナ侵攻を背景に日本の大西洋同盟に対する連帯を見せる予定だ。

岸田外務相は首脳会談演説で中国が軍事的攻勢を強化し、北朝鮮が弾道ミサイルを繰り返し発射したアジア太平洋地域へのNATO加盟国の参加を深化するよう促す予定だと日本管理者は明らかにした。

岸田外務長官は、同盟75周年を記念するために火曜日から始まった3日間の首脳会談とは別に、日本、韓国、オーストラリア、ニュージーランド、NATOの指導者たちが回動する準備ができたと明らかにしました。

彼は、IP4と呼ばれるインド太平洋地域の4カ国も、ウクライナのボロディミル・ジェレンスキー大統領が参加する会議を開催するために努力していると付け加えた。

NATO首脳会談は「情報戦」が深化する中で開かれる予定だ。 この問題に近い消息筋によると、ロシアはウクライナでの戦争と中国が台湾近くで軍事訓練をすることについて大量の偽情報を広げたという。 台湾は北京が自国の領土だと主張する自治民主主義の島だ。

ワシントンでの岸田首相は先週、労働党が総選挙で14年間の保守党統治を終息させた後、就任したイギリス首相キーアスターマーと韓国のユン・ソクヨル大統領と両者会談を持つと明らかにしました。

金曜日に岸田はベルリンに行ってショルツに会う予定だ。 彼らは、中国の電気自動車、ソーラーパネル、その他のコア製品の過剰生産の懸念が高まるなど、経済的安全保障問題についての意見を交換すると予想されると管理者は述べた。

日本とドイツは、2023年3月にショルツが東京を訪問したとき、最初の上級政府間の会談で広範な協力に同意しました。 同年、日本は世界3位の経済大国の地位をドイツに渡しました。

安全保障の観点から、今年初め、両国はACSA(取得およびクロスサービス協定)に署名しました。 これは、日本自衛隊とドイツ軍との間の食糧、燃料、弾薬の共有手続きを簡素化する内容です。


関連プレス:

NATO、インド・太平洋パートナーと共に4つの新しい防衛プロジェクトを開始

岸田など自民党議員、非資金事件起訴の棄却

日本首相、英国信任指導者、両国関係の深化に合意


READ  Knicks Go、Breeders 'Cup Classic優勝。 日本ドバイ、大勝利
Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours