経済

日産、「ノート」をフルモデルチェンジ電車e-POWER搭載で価格は202万9500円 – Car Watch

「ノート」がフルモデルチェンジ3代目

日産自動車は11月24日、3代目となる新型「ノート」を発表した。 2WD(FF)モデルを12月23日に、4WDモデルを2021年2月にそれぞれ発売する予定であり、2WDモデルの価格は202万9500円〜218万6800円で発表された。

2代目ノートでは、ガソリンモデルe-POWERモデルを展開していたが、新型ノートパソコンでは、戦車、e-POWERを搭載。 初代e-POWERの利点を継承しつつ、さらに軽量、小型、高効率の新型システムを刷新し、新たなプラットフォーム、360°安全アシスト(全方位運転支援システム)と一緒に全方位に整えた。

コンパクトで洗練されたボディに

新型ノートパソコンのボディサイズは、4045×1695×1505mm(全長×全幅×全高)、ホイールベースは2580mm

新型ノートパソコンのボディサイズは、4045×1695×1505mm(全長×全幅×全高.X万全高は1520mm)、ホイールベースは2580mmと2代目ノート(e-POWER X)に比べて幅が同じながら55mm短く、15mm低いスリーサイズに。 また、ホイールベースも20mm短くなるなどの長さを短くしたコンパクトで洗練されたボディに仕上げました。

外部では、7月に公開されたEV(電気自動車)のクロスオーバー新型「アリア」に採用された日本のような伝統的な味を世界に通用するモダンなデザインに昇華させる「タイムレス、日本フューチャーリズム」という新しいデザインラング – ページを利用して新しい日産ブランドのロゴと新型Vモーショングリルなどを採用。 足元は、デザイン性の高い15/16インチホイールカバーと2トーンの切断16インチアルミホイールをオプションで用意しました。

ボディカラーは「ビビッドブルー/スーパーブラック」「オペL ‘部/スーパーブラック」の2トーン2色「ホワイト」「スーパーブラック」「ピュアホワイトパール」「ブリリアントシルバー」「ダークメタルグレー」「ガーネットレッド」「オーロラフレアブルーパール」「ガンジー」「オペL ‘部」「プレミアムホライゾンオレンジ」「オリーブグリーン」のモノトーン11色をラインアップする。

ボディカラーは、2トーンの2色(写真は「鮮やかなブルー/スーパーブラック」)、モノトーンを11色のラインナップ

インテリアは小型車を感じさせない広いスロットル水平快適ロングコンソールを使用します。 インストルメントパネルには、アリアのようバイザーない2つのディスプレイを並べドライバー用の高度なドライブアシストディスプレイは7インチナビゲーションはクラス最大級の9インチが使用された。

また、センターコンソールには、大型収納ボックスが用意され、センターコンソールの下に収納スペースを設定します。 また、インストルメントパネルには、閉鎖状態で、スマートフォンを置くオープン状態でカートンをサポートする大容量の開閉インストルメントパネルのカップホルダーを用意するなどの収納に見えないスタイリッシュなデザインが与えられます。

シートは、F / Sグレードが炭素濃度加飾が与えられる生地シート、Xグレードが炭素濃度加飾にグラデーションが与えられるファブリックシートとなり、Xグレードはオプションでフルグロスブラック加飾に革キルトシートを組み合わせた高級感のあるものを用意。 後部座席のスペース(ニルーム/ヘッドルーム)には、2台目のノートパソコンよりもスペースは減少するが、クラスの上を維持したという。 加えて、新たに後部座席用アームチェアの機能が追加されている。

新型ノートパソコンのインストルメントパネルには、アリアのようバイザーない2つのディスプレイが並ぶ

新型ノートパソコンの室内サイズは2030×1445×1240mm(室内長×室内幅×室内高)

モニターサイズは、高度なドライブアシストディスプレイ7インチナビゲーションこのクラス最大級の9インチ

センターコンソールには大型収納ボックスが用意され、センターコンソールの下に収納スペースを設定

電車e-POWER搭載

パワートレインは、新型ノートPCは、電車に新しいシステムを利用したe-POWERを搭載。

従来は、最高出力58kW(79PS)/ 5400rpm、最大トルク103Nm(10.5kgfm)/ 3600-5200rpmの直列3気筒DOHC 1.2リッター「HR12DE」型エンジンに最高出力80kW(109PS)/ 3008-10000rpm、最大トルク254Nm( 25.9kgfm)/ 0-3008rpmの「EM57」型モーターを組み合わせていたが、新型ノートPCは、エンジンの最高出力は60kW(82PS)/ 6000rpmに引き上げられた(最大トルク値は同じである)。 また、モーターは「EM47」型がここでは、最高出力85kW(116PS)/ 2900-10341rpm、最大トルク280Nm(28.6kgfm)/ 0-2900rpmを発生および出力で約6%、トルク約10%増加した。

また、4WDモデルにも後輪モーターが進化しており、従来の「N2」型モーターは最高出力3.5kW(4.8PS)/ 4000rpm、最大トルク15Nm(15kgfm)/ 1200rpmであるところ、最高出力が50kWまで引き上げるできる同時に、全車速領域で4輪駆動、後輪の回生制御も追加されたのがテーマの一つとなっている。

ドライブモードでは、「SPORT」「ECO」「NORMAL」の3種類。 SPORTモードでは、強力な加速を体験することができ、SPORTとECOモードの両方をクリプウル設定し駐車などで速度を調節しやすくした。

ドライブモードでは、「SPORT」「ECO」「NORMAL」の3種類で、EVスイッチも用意。移動装置はコンパクトに新調

そのほか、新型ノートは路面状況に応じて発電制御を行うには、世界初の技術を投入。 これは、路面の状態と車速情報に基づいてロードノイズが大きい過酷な路面でエンジンを積極的にONにして発展を行なうことで、逆に滑らかな路面では、発電頻度を下げて車の静粛性性を維持する。

路面状況に応じて発電制御を行うには、世界初の技術を採用

また、新型SUV「キックス」でも採用されている充電による電力制御を行う。 これまで、e-POWERは、充電を重視していたので、可能なバッテリーを残す主眼を置いていた。 したがって低速域でのバッテリー残量が減った場合、エンジン始動を充電させていたが、新型ノートパソコンは、バッテリー残量が一定以上である場合は、できるだけ発展しないようにセッティングされている。

クラス最高の運転支援装置

国内で販売されている日産自動車初のナビゲーションリンク機能」プロのパイロット」を採用

新型ノートPCは、国内で販売されている日産自動車で最初にナビリンク機能 “プロのパイロット」をはじめ、「アダプティブLEDヘッドライトシステム」「インテリジェントDA(動揺警報)」「インテリジェントFCW(前方衝突予測警報)」「BSW(後側方車両検知警報)」「インテリジェントBSI(背面側面衝突防止支援システム)」「RCTA(後進時の車両の検出警報)」「非常停止信号」が2代目のノートで追加の機器に指定された360°安全アシスト(全方位運転支援システム)を実現。

特にプロのパイロットでは、ナビゲーション連動機能が追加された制限速度が異なる設定車速を自動的に変更する「標識検出機能」、ナビゲーション地図情報をもとに、カーブの大きさに応じて減速を行なう「カーブ減速支援」高速道路で停止した後約30秒まで追従走行を継続(現在3秒)して停止後の追従再開機能が新たに含まれている。

新型ノートパソコンの主な諸元(2WD)
モデルエフエスXの
動く方法2WD(FF)
全長×全幅×全高4,045×1,695×1,505mm4,045×1,695×1,520mm
室内長×室内幅×室内高2,030×1,445×1,240mm
ホイールベース2,580mm
トレッド(前/後)1490 / 1,490mm
地上最低120mm
車両重量1,190kg1,220kg
最小回転半径4.9m
WLTCモード燃費29.5km / L28.4km / L28.4km / L
サスペンション(前/後)独立懸架ストラット式/トーションビーム式
ブレーキ(前/後)ベンチレーテッドディスク式/リーディングトレーリング式
タイヤ(前/後)185 / 65R15185 / 60R16
エンジンシリアル3気筒DOHC 1.2リッター「HR12DE」型
エンジン最高出力60kW(82PS)/ 6,000rpm
エンジン最大トルク103Nm(10.5kgfm)/ 4,800rpm
燃料の使用無鉛ガソリン
タンク容量32L36L
フロントモーターEM47タイプ
モーター最高出力85kW(116PS)/ 2,900-10,341rpm
モーター最大トルク280Nm(28.6kgfm)/ 0-2,900rpm
電源用メインバッテリリチウムイオン電池

READ  スペシャルライズドStumpjumper EVO 6種の可変ジオメトリと前後異径ホイールに対応する新たな時代のトレイル自転車 - 新製品情報2021

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close