理科

有人火星表面に着陸を2024〜2026年に実現させるイーロン・マスク氏| TechCrunch Japan


SpaceX(スペースX)の創設者兼CEOイーロン・マスク(イーロン・マスク)氏は、米国時間12月1日に主要メディア企業Axel Springer(アクセルシュプリンガー)から賞を授与されたが、彼は腰を据えて、宇宙、Tesla(テスラ)、AIなど幅広い話題にわたるインタビューに応じた。 マスク氏はまず、SpaceX火星の野望について話して、SpaceXの次世代宇宙船Starship(宇宙船)から赤い惑星に到達するまで、現在のタイムラインを示した。 彼らはこの週末まで船の新しい高高度試験飛行を実施することができればと考えている。

マスク氏は、火星有人着陸を6年後あたりに想定しているという。 そのタイムラインには、「非常に自信がある」と述べた。 これは地球と火星の太陽を取り巻く公転軌道上の位置が26ヶ月ごとに最接近するという事実に基づいたものである。 無人火星飛行と着陸は、次の最接近時、つまり今から約2年後を目標にしている。 また、運が良ければ、今から6年後ではなく、4年後の最接近時の有人着陸を尽くすと述べた。

マスク氏自身が最初の軌道飛行をするときはいつかと尋ねると、「2年後、3年後になるだろう」と答えた。 ただし、第1の目的は、「多くの人が火星に行って惑星間の生活をすることができるように、そして月に基地を建設することができるよう、「するための会社の技術を確立するものと釘を刺し、自分の個人的な目標を抑制謙虚に答えた。

彼はまた、最後には、火星に埋もれて欲望(火星に宇宙船が墜落事故という意味ではなく、)を繰り返した後、宇宙旅行、社会の到来が現実になるという信念と将来の人類の生存に不可欠なこととなる考えを示したが、それは避けられないリスクというのではなく、楽しく興味深く、魅力的と良いとも述べた。

Starshipは、先に述べたように、最初の大規模な高度試験飛行に向かって動いている。 打ち上げは、テキサス州にあるSpaceX開発施設に達するこの週末までに実施される予定である。 しかし、この会社は、実際の飛行前のプロトタイプエンジンの重要な地上燃焼試験を済ませ必要がある。

関連記事:SpaceXがStarship船初の高度試験飛行を来週に設定

カテゴリー:宇宙
タグ:SpaceX火星イーロン・マスク

画像提供:SpaceX

[原文に]

(翻訳:金井哲夫)

READ  クエーサーの強力なジェットを作り出すのレシピが必要だった」ブラックホールコロナ」| sorae宇宙のポータルサイト

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close