スポーツ

札幌、オリンピック誘致のための国民投票拒否

記事ジョブの読み込み中にプレースホルダ

東京 — 月曜日 日本北部札幌市は、2030年冬季オリンピック誘致の選択権を有権者に付与するための国民投票を拒否しました。

日本の自民党が掌握した市議会(中央政府も務めている)は公開投票を拒否しました。 その会議はオンラインで中継されました。

札幌は2030年冬季オリンピック開催に関心がある少なくとも3人の候補の一つとして知られている。 残りはソルトレイクシティとバンクーバーです。 スペインも関心を表明した。

ソルトレイクとバンクーバーは国民投票を必要としません。 スペイン入札の合併症の一つは、公開投票をするよう強制することです。

他の都市の有権者に選択が与えられたとき、彼らはしばしば費用と混乱を理由にオリンピックの開催を一貫して拒否しました。

札幌管理者たちは、世論調査で52%がオリンピック誘致に賛成することが分かったため、国民投票は必要ないと述べた。

国民投票を提案した日本共産党の村上仁志議員は「昨年延期された東京オリンピックが終わった直後に行った世論調査の結果が歪んだ」と話した。

東京ゲーム費用は 136億ドルで策定、そのほとんどは公的資金でした。 いくつかの政府監査では、公式コストがはるかに高いことがわかりました。

国際オリンピック委員会(IOC)は来る5月、インド西部の大都市ムンバイで開かれる会議で2030年オリンピックを授与する予定だ。 2034年冬季オリンピックを誘致することもできる。

札幌は冬季オリンピック開催費用を26億ドルに設定しましたが、ほぼ8年前に費用を正確に推定することは不可能です。 さらに、オリンピックは日常的に予算を超えています。

国民投票に賛成した議員である澤子石川は、人々が市の支出とイメージに決定的なイベントについて自分の見解を表現できるべきだと述べました。

国民投票に反対する丸山秀樹議員は「入札手続きがすでに行われている」と話した。 彼は、世論調査、ビジネスリーダーに関連する様々な研究、ディスカッションがすでに行われていると述べた。

パリは2024年夏季オリンピックの開催地で、2028年はロサンゼルス、2032年はオーストラリアのブリスベンです。 2026年冬季オリンピックはミラノ・コルティーナ・ダンペッチョで開催されます。

その他のAPスポーツ:https://apnews.com/hub/sportsとhttps://twitter.com/AP_Sports

追加のAP冬季オリンピック:https://apnews.com/hub/winter-olympicsとhttps://twitter.com/AP_Sports

READ  アイランドニューギニア、日本のオークス最高の週末競馬

Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close