スポーツ

村元、高橋組が満点デビュー “今あることを誇示” – フィギュア:日刊スポーツ

演技を終えたスタンドに挨拶する村元哉中高橋大輔条(代表撮影)

<피겨 스케이팅 : 그랑프리 (GP) 시리즈 최종전 NHK 트로피> ◇27日◇1日◇大阪・大阪・東和薬品とクタ不渡り無◇アイスダンスのリズムダンス

今季カップルを成し遂げた村元哉中(か、27)、高橋大輔(34、一緒に関西の大学KFSC)組初戦で「満点デビュー」を飾った。 リズムダンス(RD)64・15点で2位発進。 年初にアイスダンスに転向した元ボーイ世界チャンピオン高橋の滑りを村元は「100点」と評価した。 目標の22年の北京五輪出場に第1段階を刻んだ。 小松原美里(28 =クラFSC)コレ土・チーム(29)組70・76で首位。 28日間の無料ダンス(FD)が開かれる。

◇◇◇

温かい拍手に包まれた二人はじっと目を合わせた。村元が「よかったじゃない?」とささやい高橋は「申し訳ない」と謝罪した。 リフト村元の足を持って渡したシーンは、最初に過ぎていった。 それでもアイスダンスで18年平昌五輪に出場した村元は「100点です。本当にシングルとアイスダンスは全く別のゲーム。落ち着いて、最初から最後まで大きなミスなく滑るため」とパートナーをたたえた。

シングルプレイヤーで優勝5回。 高橋にはおなじみNHK杯だが、見通しは変わった。 リンクの端から端までを使用する」のミッドライン段階」で高い加算点を指導し、レベルを捨てこそあったが、64・15点。 今回の大会の得点は、国際スケート連盟(ISU)非公認の環境も異なるため、単純比較することはできませんが、最近19年の世界選手権RD通過線(60・98点)を超えた。

高橋は14年現役を引退した。 しかし、4年ぶりに戻って試合になった。 2シーズンの演技を経て、昨年の夏アイスダンス転向を決めた。 34歳になぜ新しい道を行くのか。 答えは簡単である。

「知らない世界が開けるときめき目の前に目標ますます出てくる。それを克服だけを考えています。 “

シングルなかったリフトまで合わせることを要求する2人の呼吸。 課題は山積しているが、22年の北京オリンピック出場の夢がある。

「明日のフリーも高いところを見すぎず、今できることを精一杯見せたい」

キラキラ目を輝かせた高橋また、次の演技で視線を向けた。 【松本項】

READ  徳島はJ1昇格か/ J2大宮前速報中 - サッカーライブ速報:日刊スポーツ

Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close