エンターテインメント

東京オリンピック:朝日新聞、日本のオリンピックキャンセルしなければなら| 日本の

日本の主な新聞は、東京オリンピックの取り消しを求めながら、オリンピックが公衆衛生への脅威となって、最新のコロナウイルスを抑制するのに苦労しながら国の医療サービスに追加の負担を与えると警告しました。

オリンピック公式パートナーである自由主義朝日新聞は水曜日社説で菅義偉首相に「冷静かつ客観的に状況を評価し、この夏のイベントのキャンセルを決定しなければならない」と促した。

朝日(Asahi)は公式東京2020のスポンサーとして登録された日本の報道機関の中で初めてのオリンピック開幕2ヶ月もたたないうちに閉会を要請しました。

午前版500万個をわずかに超える朝日(Asahi)は、オリンピックのために大衆の広範な反対を指摘し、国際オリンピック委員会(IOC)がコロナウイルスとは関係なく、この夏にオリンピックが開催されるだろうと強く主張したことに対して批判しました。 日本の状況。

最近の世論調査によると、日本国民の83%が、オリンピック開催を希望していないことが明らかにし、多くの人々は、約8万人の公務員、ジャーナリストやサポートスタッフが東京2020をコロナウイルスの拡散イベントにすることができると懸念してています。

医師や看護師を代表する団体は、今回のイベントがコロナ19との戦争やワクチン発売により増加した医療資源を再指定することをいい、これは単に速度を向上させるだけです。

東京と他の9つの地域は、伝染性がより強い亜種による感染急増に対応して、先月末に導入された緊急事態に直面しています。

最近首都でコロナ19事例が減少したが、メディアの報道によると、シュガーは毎日の事例はそれほど縮小ない措置を次の月に延長する可能性があると明らかにした。

日本は大流行が始まって以来726,000人Covid-19の事例を見ており、地域の他の多くの国よりも高い12,500人以上の死者が発生したが大流行への対応のために賞賛は、企業の反復的な抑制のために挫折に変わりました。 ワクチン発売。

朝日側東京2020を準備するために何年も訓練された運動選手たちに共感したが、公衆衛生が優先されるべきだと付け加えた。 「オリンピックが脅威しないようにしてください。」の社説は述べた。

東京2020の新聞の異議申し立ては、プライベートタイトルから取得 “取消決定」でソーシャルメディアに大きな衝撃を与え水曜日の朝に20,000個以上のツイートが作成されました。

オリンピックキャンセルキャンペーンは著名な経済学者が、オリンピックがCovidに判明した場合課された緊急措置による経済的打撃のために日本がキャンセルにより損失を口18兆円(160億ドル)を失うことになるだろうと警告した後、さらに強化れました。 -19スーパー拡散。

野村研究所(Nomura Research Institute)のエコノミスト、元日本銀行理事であるTakahide Kiuchiは昨年春の最初の全国的な緊急事態のために、約6.4兆円の損失が発生し、その後の緊急事態のために追加の被害が発生したと語った。 。

“もし [Olympics] 感染拡散を引き起こし、また、他の緊急宣言が必要な場合は、経済的損失がキャンセルよりもはるかに大きいことです。」とKiuchiは、レポートで言いました。 キャンセルによる直接的な損失は、会計年度2020年の名目国内総生産(GDP)の3分の1に該当すると、彼は付け加えた。

「このような計算は、オリンピック開催やキャンセルするかどうかの決定は、経済的損失より感染リスクの観点からネリョジョヤことを示唆します。」と彼は言った。

ロイターと一緒に

READ  ソニー、グローバルエンターテイメントユーザ10億人の目標

Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close