エンターテインメント

東京:ショー時代のおもちゃ、東京博物館で香水を呼び起こす遊びを提供

読売新聞
博物館には、昭和時代の様々なおもちゃやゲームが展示されています。 若い世代にも懐かしい魅力があります。
読売新聞
博物館は柴田太哀天寺に向かう途中にあります。

東京葛飾区柴田駅から徒歩1分先にある柴田野表車白武館(柴田おもちゃ博物館)は、昭和時代(1926-89)の子供たちが大切にしていた様々なおもちゃで訪問者を迎えます。

人気観光地である柴田大社天寺へ向かう途中に位置する博物館には、トークン、モンスターフィギュア、漫画雑誌付録を挿入してプレイできる昔ながらのゲーム機が展示されています。 20代に生まれて初めて見るおもちゃが多かったが、それにもかかわらず香水を呼び起こした。

浣腸の姜永作(56歳)は、かつてセルロイド製造業が繁栄した葛飾区で育った。 彼はこの地域で食堂を運営しましたが、2004年に昭和時代のレトロな雰囲気への愛で、食堂を建物1階にある近視野菓子店のひから横町に改造しました。 そして翌年、建物2階をおもちゃ博物館に改造した。

Kanは「かつてがかつておもちゃの製作を通してどのように繁栄したかを人々に知らせたかった」と語った。

現在、博物館には、館が収集したおもちゃや柴田エリアに居住する漫画の作家であり、おもちゃのコレクターである黒澤哲也(65)から借りた人形など約500点のおもちゃやその他の物品が展示されています。 かつて近代屋店や地元のお祭りで販売されていたおもちゃの銃や幼馴染のグッズは、一部の訪問者に間違いなく子供の頃の良い思い出を蘇らせます。

読売新聞
お祭りやお菓子屋で売っていたおもちゃの銃

最も注目を集める作品は、長さ約2m、幅2.5mの大型スロットカーサーキットでギャラリー中央を占めている。 ハンドヘルドコントローラとして動作する自動車は、回路の溝に沿って走行します。 このおもちゃは1960年代に流行したそうです。

自宅で使用するために作られたモデルは8文字の小さなトラックでしたが、Kanは常にジャンボサイズのサーキットでカーレースをしたかったです。 今、その夢が叶いました。 訪問者は5分に100円でミニ運転実力をテストすることができ、このゲームは家族に大きな人気を集めました。

読売新聞
1960年代に流行したスロットカーレースを体験できる。

Kanが博物館を開館して15年以上が経ち、その場所は彼が同じ考えを持つ人々とつながるのを助けました。 彼らは時々彼におもちゃの寄付を受けるかどうか尋ねます。 例えば、昨年の夏、ある隣人が世界を離れた家族の所有であった2メートルの長さの無線操縦飛行機を寄贈しました。 Kanは飛行機を博物館の新しい展示物にしました。

カンは「暖かさがいっぱいのレトロなおもちゃを通じて、新しい人々と関係を結ぶのが面白い」と話した。

読売新聞

Shibamata no Omocha 白武館

2005年開場。 訪問者はトークンを受け取るゲーム機を含む展示されたいくつかのおもちゃで遊ぶことができます。 写真撮影が許可されます。 京成電鉄柴田駅から徒歩1分の資料館1階に近づくやお菓子店があります。

住所: 東京都葛飾区柴田7-3-12

時間: 週末および祝日のみ運営、午前11時~午後6時

サインアップ: 200円

READ  「仮想制作」が次世代映画を魔法のようにする方法

Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close