殺害された日本記者のカメラが15年ぶりに姿を現した。

Estimated read time 1 min read

バンコク(AP) – ミャンマーでのストリートデモの間に致命傷を負った日本のジャーナリストが落ちた後、15年以上行方不明のビデオカメラが水曜日のバンコクで行われた儀式で彼の妹に渡されました。

長井健二は、2007年9月27日、サフラン革命として知られる平和な反軍奉技の一部であるヤンゴン市内でデモを録音していました。 小さなビデオや写真代理店である日本APFニュースで働いていた50歳の記者が襲撃され、致命傷を負いました。 彼はその日に殺された約10人のうちの1人でした。

長井の姉である小川小梨子は、復活に関わったミャンマーの民主的声のオブビルマ代表であるちょっとちゃんナイングから小さなソニーハンディカムを受けました。

「心から感謝します」と彼女は言いました。 「これまでカメラに関する情報さえなかったので、これは私にとって大きな驚きであり喜びです」

カメラの導きは、ミャンマーが2007年よりもはるかに激しい激変の指にいるときに行われます。 2021年の軍隊によってアウンサン数値が選出した政府が転覆したことに対応して、広範囲で断固たる武装抵抗が起こりました。 によると、ミャンマーのジャーナリストが保管している集計によると、軍部占領以来、現地の同僚3人が当局によって殺害され、150人以上が拘禁されました。 少数の外国ジャーナリストも拘禁され、後で追放されました。

発見当時、カメラの中にはまだオリジナルテープがありました。 その内容は水曜日のイベントで上映されました。

このイメージは、警察が道を塞いでいる中、ヤンゴンの古代スーレー・パゴダ近くの街で歌い、救援を叫ぶデモ隊と僧侶たちの姿を見せた。 兵士がいっぱいのトラックが到着すると、長井は自分でカメラをオンにしました。

「軍隊が到着しました。 向こうが軍隊です。 重武装した軍隊だと思います。 寺院の前は市民で賑わいます。 市民が仏の頭の前に集まった。 重武装した軍用トラックが到着しました。

その後、画像は人々が散らばっていることを示しています。 映像は致命的な瞬間が来る前に壊れた。

しかし、ビルマの民主的声が記録した映像には、長井が倒れた後、兵士が近距離で銃を撃ったと思われる死の瞬間が捉えられた。 Reuters News AgencyのAdrees Latifが撮影したイベントの写真は、2008年にピューリッツァー賞を受賞しました。

長居のカメラがいつどのように発見され、その間にどこに保管されたかについての正確な詳細はまだあいまいです。 Aye Chan Naingはミャンマーを去る前に一連の人々を経験したと言った。

「明らかなセキュリティ上の理由から、脱出方法についてさらに深く掘り下げることはできません。 私が言うことができるのは、何が正しいのか、そして何が正しいのかを知っている善良な市民を通して私たちがそれを得たということです」と彼は言いました。

長井の妹は、テープ分析を通じて、自分が意図的に標的にならなかったというミャンマー政府の主張が間違っていることを証明できることを願っていると述べました。

「私はこのカメラとテープを日本に必ず持って帰って兄が本当に最後まで握っていたのか確認し、資料を詳しく調べて兄が言いたかったことと真実を明らかにしたいです。彼の死の原因について。兄の死が事故だ」ミャンマー軍の主張を覆すことを願っています。」と彼女は言いました。

銃撃事件が発生してから1ヵ月も経たず、ミャンマー国営メディアの論評では、長井が自分を危険にさらしたため、自分の死に対する責任があると述べました。

「日本特派員はデモ隊の間に入って悲劇的な最後を迎えた」と報道した。 「確かに日本の特派員は故意ではなく偶発的に銃に当たった。 彼は不適切な時間に不適切な場所でデモ隊と一緒にしたという事実によって悲劇的な最後を迎えた」と話した。

記事はまた、長井がメディアのビザではなく観光ビザに入国したと文句を言った。 記者ビザは、抗議期間中は不可能ではなかったとしても非常に困難でした。

ニューヨークに本部を置くマスコミ自由団体ジャーナリスト保護委員会のShawn Crispinは、ミャンマーのジャーナリストに対するリスクが続いていると述べた。

水曜日の記念式に出席したクリスピンは「今日の行事はミャンマー軍がジャーナリストを無慈悲に殺害してきたし、今も何度も殺害しているという事実を目覚めさせる重要で時宜を得た行事」と話した。 「そして殺人は、ケンジの殺人が引き金を引く人、その日の射撃命令を出したすべての指揮官、その日の致命的な鎮圧を組織した軍の指導者に至るまで、完全な正義を得るまで止まらないでしょう.」

READ  円安は日本中央銀行を刺激し、インフレ圧力議論について議論した。
Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours