理科

水性探査船「ミオ」第1回金星スイングバイ実施通過時の写真を公開| sorae宇宙のポータルサイト

日本の水性磁気圏探査機「米」(MMO)も結合された、日本、欧州連合の水性探査船「ベピコロンボ“(BepiColombo)は、2020年10月14日、金星スイングバイを実施しました。全2回のうち1回です。

金星に最接近時間は、10月15日12時58分(日本標準時)、距離は約1万720km。 通過時に搭載カメラで撮った写真がESAのwebサイトに公開された。 左の明るい点金星で写っているのは、「ベピ・コロンボ」のアンテナです。

▲スイングバイ時の写真。 左の明るい点が金星。 (credit:ESA / BepiColombo / MTM、CC BY-SA 3.0 IGO)

また、「ミオ」の公式Twitterで最接近時のGIF動画も公開されています。

スイングバイ時は、日本の金星探査機「あかつき」(PLANET-C)と惑星分光観測衛星「火崎「(SPRINT-A)とアフィリエイト観測も実施したということです。
「ベピ・コロンボ」は2018年10月20日(日本標準時)に発射されて2020年4月10日一日に地球スイングバイを実施しています。 この後、2021年8月に第2回の金星スイングバイを実施、更に全5回水性スイングバイをして、水性到着は2025年になる予定です。

▲に近づい「ベピ・コロンボ」(Credit: 船:ESA / ATG medialab; 水銀:NASA / JPL

ベピコロンボ発売

▲ベピコロンボ発射。 (Credit:金木利憲/東京トビも学会)

注:https://www.esa.int/ESA_Multimedia/Images/ 2020/10 / BepiColombo_s_first_glimpse_of_Venus
https://www.esa.int/Science_Exploration/Space_Science/BepiColombo/Journey_to_Mercury

公式のTwitterアカウント:
https://twitter.com/ESA_Bepi(「ベピ・コロンボ」プロジェクト)
https://twitter.com/JAXA_MMO(日本のモジュール「美」(MMO))
https://twitter.com/ESA_MTM(欧州モジュール “MTM”)

Image Credit:ESA / BepiColombo / MTM、金木利憲/東京トビも学会
文/金木利憲

READ  「科学の人種主義と戦う」──生物学的決定論のウサギの穴に落ちた(後編)| WIRED.jp

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close