第5次日営外交・国防長官会談

Estimated read time 1 min read

大臣は、広島協定に規定されているように、イギリスと日本のグローバル戦略的パートナーシップを再確認しました。 私たちは、自由、民主主義、法律、基本的な人権、オープンで公正な取引という共有された価値と原則につながっています。 私たちは、ますます激化するグローバル競争、気候変動、急速な技術発展を通じて、私たちが直面している前例のないグローバルな課題に肩を並べることを約束します。 ヨーロッパ – 大西洋とインド – 太平洋の安全保障と繁栄が分離できないことを認めて、私たちは世界の平和と安定を守るために安全保障能力をさらに強化することを約束します。 私たちはヨーロッパとアジアのお互いの最も近い安全保障パートナーです。

大臣は、法治主義に基づく国際秩序を維持・強化し、国連憲章の原則を守るという私たちの意志を確認した。 これには、自由でオープンなインド太平洋というビジョンへの私たちの約束が含まれます。 中国が国際社会の責任あるメンバーとして行動するように促します。 北朝鮮の核と弾道ミサイルプログラムの非難。 イランの拡散的で不安定な行動。 ハマスのテロ攻撃を非難し、国際法に従ってイスラエルの自衛権を支持します。 そして、ロシアの攻撃に対抗しながらウクライナを支援するという私たちの決意です。

大臣は、広島協定の後、英国と日本のパートナーシップの実質的な進展に言及し、協定のあらゆる側面を実施するという約束を再確認しました。 この進捗状況には以下が含まれます。

  • イギリスの包括的で進歩的な環太平洋パートナーシップ協定(CPTPP)に参加
  • 相互アクセス協定(RAA)の批准と主力グローバル戦闘航空プログラムを含む、ますます深刻化する安全保障と防御関係
  • 最初のイギリス – 日本の戦略的経済政策と貿易会話。
  • 重要鉱物に関する協力覚書署名
  • そしてまさに今日、私たちは、市民をより密接にするために、新しいPeople-to-Peopleイニシアチブを始めました。

特に、大臣は、日本とイギリス間の深刻な国防と安全保障関係について議論し、次の点について議論した。

  • 資産保護措置の適用への積極的な進展を含む、より大きな相互運用性、弾力性、およびドメイン間の防御とセキュリティ協力を促進するために RAA を活用することを約束しました。
  • 2035年までに、次世代戦闘機を開発し、共同開発と協力の潜在的な追加領域を特定するためのGCAPの進行を承認しました。
  • 2025年、イギリスの空母打撃団をインド太平洋に配置することを約束しました。
  • 規則ベースの海洋秩序への貢献として、インド太平洋に恒久的に配置されている英国の沖合巡察船2隻の活動が持つ重要性を認めました。
  • 日本・イギリスのサイバーパートナーシップ設立以来、サイバー協力の着実な進展を認識し、宇宙空間で協力し、虚偽の情報に対応して戦略的コミュニケーション協力を強化することを約束しました。
  • 潜在的な避難の緊急計画の緊密な調整に努めています。
  • サプライチェーンの弾力性、国際規格、強制技術移転、知的財産権の盗用、輸出管理を強化するための経済安全保障対話など、経済安全保障問題について緊密に協力することに合意しました。
  • 重要な地域とグローバルな安全保障問題についてお互いに協議するという約束を確認しました。

私たちは、より平和で安全な世界を築くためにグローバル戦略的パートナーシップが重要であるという共通の信念で今日を終えます。 ヨーロッパ – 大西洋とインド – 太平洋の安全保障と繁栄は分離できないため、私たちの戦略的パートナーシップの目標は共有されます。 私たちは、今日と明日の課題に直面するためにパートナーシップを深め、強化することにしました。

2+2 共同声明専門はここで確認できます。

READ  日本、5月の桜ブームで190万人訪問
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours