トップニュース

米海軍は12月に日本の領海で作戦を遂行した。

米海軍は12月に日本の南西部海域で、いわゆる航行の自由作戦を実行したが、これは東京の主権主張に同意しない動きです。

米第7艦隊によると、12月15日作戦は、日本の主要な島の一つである九州と韓国をつなぐ対馬海峡付近で航行する海軍のアラン・シェパード補給船が含まれていた。 船上ヘリコプターも飛んだ。

2020年12月15日対馬海峡付近で航行の自由作戦を展開している米海軍補給艦アラン・シェパード内部写真提供(写真提供:米7艦隊)(教徒)

この動きは、東シナ海太陽南シナ海でますます強力になっている中国の隠された境界で国際ルールベースの秩序を遵守するという米国の立場を強調するものと思われる。 同盟国である日本の主張に均等に同意しない。

Alan Shepardは、「過度の海洋主張に挑戦し、国際法によって水路へのアクセスを維持するために主張された領海内で、通常の作戦を実行しました」と第7艦隊は言いました。

日本政府は、海上の領土が海岸近くにくぼみ島や島があるときに使用されている弁護士、海洋法に関するUN協約に基づいて「直線ベースライン方法」に基づいていると主張しました。 1997年にこの方法を適用して、海上主張を拡張することができました。

米国は引き潮時に計算された海岸の間朝鮮がより適切であると考えています。

神戸大学国際法名誉教授であるShigeki Sakamotoは「米国は領海上の領空にも影響を与えるので、大胆な直線のベースライン方法に反対する」と述べた。

12月に作戦は、米国が同盟国の解釈にもかかわらず、深刻である信号と彼は言った。

米国は世界の多くの海域で同様に航海する権利を主張しており、1990年代後半から対馬海峡近くの東シナ海で、これらの作戦を複数回実行しました。

READ  伊豆諸島の三宅村御蔵島村に「大雨特別警報」の命の存続行動を - NHK NEWS WEB

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close