理科

編集:6ヶ月後、日本科学委員会に任命拒否の問題はまだリンボ



日本の科学協議会は、政府の要求に応じて組織改革の概要草案を発表しました。

政府と与党自由民主党は、科学機関が政府機関から完全に独立したものと変貌することを考慮することを促しました。 しかし、科学協議会は、日本を代表する学術組織としての現在の形が最も望ましい方法だと結論に達しまし。 政府は計画の草案を尊重します。

政府の科学委員会の改革要求は、昨年秋菅義偉首相が6人の候補の学者を新しい議員に任命することを拒否して大衆の反発を呼んだ後、出てきた。 改革の要求は、政府が国民の批判を防ぐために、問題の焦点を転換しようとする試みとして非難された。

科学委員会は、政府に6人の学者任命を繰り返し要請したがシュガー首相は、問題が明らかになったから6ヶ月ぶりに応答しなかった。

人文社会科学委員会第1部議席のうち、約10%が任命拒否のために空席のままです。 座席が満たされなければ政策提案やその他の操作を調整する委員会の活動に影響を与える可能性があります。

このため、科学協議会は、ミソンジョン学者6人のうち5人を首相に任命が必要としない会社または特別に任命会社に任命することを決めた。

近いうちに公会議に正式に任命される6人の見通しが良くない中で絶望的な行動だった。 科学委員会は、今回の措置を即興的に説明してシュガーが6人の研究者を委員会に任命するように続けて要求すると発表した。

これらはすべて、根本的な問題がまだ解決されていないことを示しています。

6人の学者の一人東京大学の加藤陽子教授は、特に任命された加盟会員を選択していないことにしたし、任命拒否とどのように展開されたかは、「歴史に記憶されるだろう」だった。

アフィリエイト会員登録を受諾した学者も任命拒否の問題が解決されていないことについて不快感を表明したことが分かった。

科学委員会は、政府の要求に応じて改革案の草案を作成しました。 今シュガー首相が議会の要請に応じる番だ。

日本の科学委員会を設立する方法は、委員会の勧告に基づいて首相が委員を任命するように規定しています。 シュガー首相はまだ6つの議席が空のこの不自然な状況を解決する責任がある。

首相は「包括的でパノラマ的な観点から、「6人の学者の取付けを拒否することを決定したと、最初に繰り返した。 彼はTV番組の問題について話を出したとき、「私は説明することができるものと説明することができないものがある」と反抗的に答えた。 彼の普及のための責任を果たすことができない場合は、彼はそもそもそのような措置を取ってはいけません。

科学委員会の活動が正常に戻らなければ、日本の国益が損なわれることがあります。 シュー首相はこの異常な状況を続けて放置し、任命を拒否する特別な理由を明らかにしないのは容認できないことだ。 彼は6人の学者を直ちに委員会に任命する必要があります。

READ  「ゴジラと似ているが、実際には、実際の ':研究によると、T. rexは25億

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close