自治体、経済活性化のために独自部門を設置

Estimated read time 1 min read

日本の多くの地方自治体は、革新的な方法で地域経済を活性化するために、今月から始まった2024年度の超異例の部門を設立しました。

山形県西川町新設 カセグまたはお金稼ぎ、分割、追加財源確保を目指します。

新しい部門は、村の外に住む人々が西川のデジタル市民になることを可能にする一種の代替不可能なトークン(NFT)を促進します。

事業部の責任者である石川智宏氏は、「私たちは一回の(NFT)取引で(関係)を終わらせたくない」と述べた。 「私たちは人々がさらに一歩進み、村のファンになることを願っています」

この村は、西川デジタル市民をひとつに集める対面・オンライン会を主催する計画です。

北九州市政府に設立されたZ世代部門には、4人の専任会員と12人のZ世代職員が他の部署でも勤務しています。

Z世代部門は、より多くの人々が都市に移住するよう奨励するための措置を講じる任務を引き受けています。

北九州は、若い世代の人口流出という大きな問題に直面しており、竹内和久市場は、北九州が若者たちが住みたい都市になることを目指していると述べました。

先週の金曜日の部門会議で、メンバーは市内中心部にもっと多くの人々を引き付ける方法を議論しました。

福島県北方市では、北方ラーメンと大和そばそばの郷土料理をさらに広めるため、北方ラーメン部門とそば部門を新設しました。

市観光振興課に勤務する課のメンバーが食糧関連イベントに関するアイデアを出すのです。

READ  Beautyworld Japan Tokyo:1998年以来のユニークな成長
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours