エンターテインメント

追悼エディヴァン・ヘイレン…今明かされる「バーガー事件」| Smart FLASH /スマフラー[光文社週刊誌]

エディが、様々な部品を組み合わせて作成したギター。 その成立の「フランケンシュタイン」と名づけられた(写真ロイター/アフリカ、アフリカ)

10月6日、伝説のロックバンド「ヴァン・ヘイレン」のフロントマン “笑顔のギタリスト”エドワードヴァン・ヘイレン(享年65)が、がんで死亡した。笑顔だけでなく、光のハンド奏法(盗聴)と「ブラウンサウンド “で、世界中の音楽ファンを魅了したエディ。 音楽関係者2人の証言で非標準の足跡を振り返って!

1978年の初来日で最後となった2013年の東京ドーム公演までヴァン・ヘイレンのプロモーターは、牛島音楽事務所が担当した。 会社の副社長高橋辰雄氏が語った。

「エディの状態情報は、時々スティーヴ・ルカサー(TOTO)から聞いていました。「今朝会った健康だったよ」とメールが来るかもしれないし。

エディは爽やかな笑顔が印象的でした。 あるとき、私は舞台でエディのフランケン(その他の愛称)を見ていると、「触って大丈夫」と言う。 近く見れば傷だらけでした。

するとエディは「傷なんて気にしない」と言って、ドライバを持ってきてフランケンの体に私の愛称(TACK)を刻んでくれ。 気分は最高でした。

死亡が流れた後、世界中のミュージシャン追悼コメントが寄せられていますが、それほどの影響力があったこと。 その他に革命を起こしたスーパーヒーローでした。 そしてエディと兄(アレックス)と深い縁がヴァン・ヘイレンを作り出した。 後世に語り継がれるバンドです」

ヴァン・ヘイレンの多数の記事をソトドンガ1979年から1990年までの雑誌「ミュージック・ライフ」の編集長を務めた東郷薫子氏。 苦笑しながら当時を語ってくれた。

「彼らのインタビューは、常に困難を経験しました。とにかく騒いでいて、会話にならない。質問なんて関係なく、ただ騒ぎんです。

たとえば、1979年には、大阪のホテルで取材したのですが、彼らはローラースケートのホテルのロビーを飛び回って分かったんです。 当然支配人が飛んで来て、叱らを食べた “

東郷氏は、忘れられない思い出がある。 「ミュージックライフ」編集部で伝説があった」バーガー事件」である。

「デイブ(デビッド・リー・ロス)に呼び、「私に良い考えがある。 スタジオとハンバーガー100個を用意してほしい」と嫌な予感があったが、言ったように調製した。

撮影日メンバーがスタジオに入ると、突然ハンバーガー山にかかって投げ関係が始まったのです。 マスタードとケチャップかけ互いに2時間。 スタジオが台無しにされ、その修理費がなんと20万円。 私は「今の会社をクビになる」と覚悟しました。 「申し訳ありません!」と頭を下げて何とかコーナーましたが…

取材はさんざん目をあたりましたが、エディは天才であり、固定観念を破るようなパワーがありました。 そのような人々だったからスターだった」

天国のエディも、この「ハンバーガー事件」を記憶して微笑むのだ。

(Weekly FLASH 2020年11月3日)

READ  PC / Xbox One版「THE DARK PICTURES:LITTLE HOPE」が本日発売。 PS4版の予約注文も開始

Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close