entertainment

金魚が衰弱したまま…人気展覧会「アートアクアリウム」現場写真が波紋取材主催「今は全く違う」→一体何が? :J-CASTニュース[전체보기]

東京日本橋で開催する金魚の展示会「アートアクアリウム美術館」を置いて、訪問者と金魚愛好家からの生体管理の疑問の声が相次いでいる。

運営会社によると、オープン時には衰弱していたり​​病気があったりする金魚も展示していたが、「今は全く違う状況になっています」と強調した。

  • 展覧会の様子(プレスリリースより)

  • 展示されている金魚/虎徹(@kingyokotetsu)さん撮影

    展示されている金魚/虎徹(@kingyokotetsu)さん撮影

  • 展示されている金魚/虎徹(@kingyokotetsu)さん撮影

    展示されている金魚/虎徹(@kingyokotetsu)さん撮影

「力なく漂う姿に気分が悪くなった」

アートアクアリウム博物館は2020年8月28日から開催している。

展示の中心は「金魚」である。 大小の水槽に3万匹以上の金魚が入った色とりどりにライトアップされている。 「私たちは、エンターテイメントの本質を理解し、今後の未来を見据えて「訪問では味わえない “”リアルの追求」を徹底しました。 生命の美しさを感じる神秘的な芸術の世界を作り、お客様に一生の思い出に残る思い出を提供しています “(プレスリリースより)

展覧会は、過去にも開催したが、今年からは専用施設の常設展になった。 「過去最大級の大型展示」を歌った。 文化庁助成事業に選定され、約1600万円がサポートされている。

雨が降るようでされたのは、訪問者の金魚の状態を心配している声がSNSで複数発行されたからである。 体表が白い斑点におおわれ、病気の疑いがあるか、水面に浮いたまま動かなかったりする生体の写真・動画も拡散し、管理体制を問題視する声が続出している。

9月2日に鑑賞して、自分も6年ほど金魚を飼育している人物は、J-CASTニュースの取材に「病気・弱っている金魚が多くショックを受けた。遠くから見ると派手な水槽が近く見ると、金魚が力なく漂流姿に気分が悪くなった」と所感を明らかにした、

「とにかく飼育環境を改善してください。実際のメンテナンスや濾過装置を知らないのでなんとも言えませんが、ろ過増強水交換の強化水づくりをしっかりして欲しい。他にも、無理な過密飼育解消や病気の金魚は、使い捨てなく隔離・薬浴して治療してくれ」

と要望した。 7も鑑賞したが、根本的な改善は見られなかったという。

アートアクアリウム博物館主催する「Amuseum Parks」(東京都港区)のスポークスマンは7日、インタビューで「オープンして間もない時は集まった魚にちょうど弱まったまたは病気を金魚が含まれてしまいます。しかし、我々はそれらを大切に扱って力が受ける努力を重ねています」とし「今は全く違う状況になっています」と強調している。

SNSに投稿された病気の金魚については、「見苦しい瞬間を示しました」と捉えていたが、上記の理由から、水槽にとどまって治療をしていた。 「金魚に精一杯の愛情をかけて、できるだけ多くの金魚にそのまま残ってもらうための努力をしています。もちろん、深刻な病気の魚は隔離水槽に移し、別対応しています “

金魚に過度の負担をかけてしまった背景には、記録的な猛暑とコロナサーファーもあるという。

READ  藤井聡太既成に敗れた渡辺明2管がブログを更新。 「負けた方法が、誰も想像を超えている」 - 期 - Number Web

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close