経済

鈴木自動車の7~9月四半期利益は70%減少した157億円

日本の鈴木自動車(Suzuki Motor Corporation)は、7~9月四半期の実績で主に部品生産の減少により167億円(2.0%)減少した8,282億円(YoY)の純売上を記録した。 半導体とCOVID-19の影響を含む不足。

経常利益は443億円(54.2%)減少した374億円を記録した。 親会社の所有者に帰属する利益は、部分的に95億円の国内土地損害損失のため、368億円(70%)減少した157億円を記録しました。

日本自動車大企業の営業利益は290億円(39.3%)減少した446億円を記録しました。 これは主に生産削減と原材料価格の上昇によるものです。

自動車事業は純売上が266億円(3.5%)減少した7,398億円、営業利益は332億円(47.9%)減少した360億円を記録した。 原料費。

オートバイ事業の純売上高は73億円(13.6%)増加した615億円を記録しました。 営業利益は25億円となり、主に新しい Hayabusa 発売の影響とオートバイ事業構造の継続的な改善に起因しています。

同社の海洋事業は、前年同期比純売上高が27億円(12.6%)増加した239億円を記録しました。 営業利益は12億円(30.6%)増加した54億円で、北米地域で船外機の継続的な販売好調により増加しました。

鈴木は日本、ヨーロッパ、アジア地域で営業利益が前年同期比減少したが、これは主に生産量の減少と原材料コストの上昇によるものだという。

さらに読む:Maruti Suzuki Q2結果:純利益は65%下落したRs 475.3cr、純売上高は9%増加

同社側は、半導体を含む部品不足による生産量の影響を最小限に抑え、できるだけ多くの製品を顧客に供給するよう努力していると明らかにした。

「従って、2011年度の年間見通しに関連して売上高と純売上高を下方修正したが、予想される生産量の減少にもかかわらず、営業利益は円安を考慮して以前の予測から変更されていない。 。

鈴木はまた、週45円の中間配当金を発表したが、これは前年同期比8円増加した。

Suzukiのインド子会社であるMaruti Suzuki India Limitedは、最近、世界的な電子部品および高級商品の供給不足により、7〜9月の純利益が前年同期比65%急減した4億7530万ルピーを記録しました。 価格は会社に大きな打撃を与えた。 利益は前の6月の四半期に記録されたルピー440.8 croreより高かった。

当社の純売上高は、レビュー中の四半期中に9%増加したRs 19,297.8 croreです。 しかし、販売量は電子部品不足により前年同期3,93,130台から3,79,541台で3%以上減少しました。

内需は32万133台、輸出は5万9408台だ。

READ  日本、インドオリンピック出場選手たちに、より厳格な規制課す

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close