理科

銀河の深さ埋没銀河の「化石」が発見された! | sorae宇宙のポータルサイト

銀河の中心付近に埋め込まれた銀河の化石「ヘラクレス」に由来する別の分布。 黄色の点は、太陽(Sun)の配置(Credit:Danny Horta-Darrington(Liverpool John Moores University)は、NASA / JPL-Caltech、and the SDSS)

英国リバプールジョンムーア大学の大学院生Danny Horta氏が率いる研究チームは、私たちの銀河系の深さに埋没した銀河 “化石”を発見しました。天の川がまだ誕生したばかりの約100億年前この銀河と衝突した可能性があるとします。不滅の力を与えられたギリシャ神話の英雄の名にちなんで研究グループは、この銀河を“ヘラクレス”と命名しました。

研究グループは、「スローンデジタルスカイサーベイ」(SDSS)データを提供する米国のアパッチポイント天文台を利用した「Apacheのポイント天文台銀河進化の観測実験(APOGEE)」で「ヘラクレス」を発見した。

APOGEEは分光データから天体の元素組成と運動を調査ということで、天の川が形成された過程の解明を目標にプロジェクトです。 しかし、汚れを含む星間物質の「雲」は、可視光線を防いでしまうので、その向こうに隠された銀河の中心にある星の情報を調べることは困難である。

だからAPOGEEは、ほこりの向こうを観測することができ近赤外線分光データを収集ということで、天の川の中心部の様子を観察しました。 10年にわたるAPOGEEの観測では、50万個以上の星の分光データを取得したとします。研究グループによる分析の結果、私たちの銀河系の中心部にある数万個の星の中で何百もの元素組成と運動が顕著に異なっていることが明らかになりました。 研究グループは、この特別な星がヘラクレスに由来と予想しています。

銀河の概念図。 多くの星が集まる中心の「膨張」それを取り巻く「皿」膨張と皿をめぐる「ハロー」で構成されている。 (Credit:東北)

銀河は数多くの星が集まった中心部分の「膨張(銀河バルジ)」それを取り巻く星が渦のように形成さ「円盤(銀河円盤)」膨らみと円盤を球状に囲む希薄「ハロー(銀河ハロー)」で構成されています。 太陽系は銀河系の中心から約2万6000光年離れたプレート部分に位置しています。

発表によると、このような天の川をはじめとする銀河は小さな銀河が合体し形成されたものとみなして、既存の銀河の残骸は、ハローでよく発見されるが、天の川は内側から外側に向かってに形成されたため、黎明期の衝突を物語る証拠は膨張と皿に深く埋もれているそうです。

研究チームは、今回の「ヘラクレス」に由来星の総質量が銀河のハロー約3分の1であったことが明らかになったことで、ヘラクレスとの衝突が銀河の歴史の中で重要な出来事であったことを意味すると結論と銀河は穏やかな初期の頃を過ごしたほとんどの大規模なスパイラルと他のまれな存在かもしれないです。

関連:この宇宙で誕生する最後の世代の銀河であるか、比較的近い宇宙形成の初期の銀河を発見

画像提供:Danny Horta-Darrington(リバプールジョンムーア大学)は、NASA / JPL-Caltech、SDSS、東北大学
出典: Phys.org
文/ Misato Kadono

READ  情報理論の父と呼ばれるクロード・シャノンの業績は? - GIGAZINE

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close