トップニュース

陸軍の新しい旅行請求システムは日本の兵士に影響を与えますが、韓国は影響を与えません。

処理中の兵士が2020年8月21日、コロラド州ポートカーソンで財政ブリーフィング中に旅行商品券を作成します。 (James Geelen/米陸軍)

日本米陸軍スポークスマンによると、日本に移動する米軍兵士はドイツ、イタリア、ベルギーでやるように日本に到着すれば電子的に旅行書類を陸軍に提出している。

マヌエル・トレス・コルテス(Manuel Torres-Cortes)米陸軍スポークスマンは、金曜日の星条旗に電子メールで日本に永久的な駐屯地変更(PCS)を割り当てた兵士たちが1月に新しいシステムを始めたと明らかにした。 彼らは、国防財務会計士のオンラインシステムであるSmartVoucherを通じて旅行商品券を自分で作成する必要があります。

韓国に配置された部隊は、到着後も財政部門を通じて旅行商品券を作成し続けると、8軍公報室ニール・ペンティラ(Neil Penttila)が金曜日スターズとストライプスに電話で話しました。

オンラインシステムへの移行は、軍ができるだけ多くの書類を仮想的に完了するようにする努力の一部です。

ドイツ、イタリア、ベルギーに移動する兵士は、6月1日から新しいオンラインシステムを到着と同時に使用する必要があります。 そうしないと、移動費用の一部が返済されない危険性があります。

ドイツのカイザースラウテルン(Kaiserslautern)の第266金融支援センターのキンバリー・ジョーダン(Kimberly Jordan)の取締役は、木曜日にStars and Stripesとのインタビューで、「これはTurboTaxシステムのような方法で質問し、その質問に答えてPCSバウチャーを構築することです」と言いました。 。

完了すると、バウチャーはDFASに提出する前に最終審査のために兵士の財務事務所に送られるとJordanは言った。

兵士は、正しい給与を受け、給与が凍結しないように日本に到着する当日のバウチャーを作成するよう勧告されています。

myPayアカウントを持つ兵士は自動的にSmartVoucherにアクセスできるため、登録は不要です。 オンラインで請求書を提出した後も、兵士は到着時に部隊財政事務所に連絡する必要があります。

新しい方針に従って、兵士だけがSmartVoucherに請求書を提出する必要があります。 他の軍隊には独自のルールがあります。

星条旗記者David Choiがこの報告に寄稿しました。

READ  バスや電車? 世界初の「デュアルモード車両」日本本格稼働

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close