青山学園が初日から箱根駅伝をリード

Estimated read time 1 min read
読売新聞
ランナーたちは火曜日、東京大手町の読売新聞社の前で第100回東京・箱根大学間の逆転を始めました。

2年ぶりに6回目の優勝を狙う青山学院大学は、水曜日2日間開かれる第100回東京・箱根大学間駅前の2日目で、ディフェンディングチャンピオンの蒲沢大学を2分30秒以上先にすることになります。

火曜日の5つのステージのうち3つのステージで最高記録を達成した青山学園は、東京中心部の読売新聞社から神奈川県箱根まで107.5kmを5時間18分13秒という新記録で主波した。 。

断続的に雨が降る曇りの日、2年連続主要大学逆転タイトルの三関王を狙っている小沢は5:20:51で2位を記録しました。 これはまた、前の最初の日の記録である5:21:16よりも低かった。 2020年青山学院が設定。

5位ランナーの山本優人に記録的な完勝を収めた調査、同大学は5時21分30秒で3位に、4位の東洋大学を4分近く上回った。 レース前の優勝候補の1つとされているChuo Universityは5時30分35秒に13位を記録しました。

21.4km 3次戦では青山学院が先頭を占め、ジュニア葵太は59分47秒の記録で優勝を獲得した。 ハンドオフでは青山学院が駒沢を26秒先にしていました。

その後、エース佐藤一成は、20.9kmの第4戦で駒沢の山川拓川より1:01:10、1:22早い記録で先頭を占めました。

若葉寛弘は、1時間9分32秒でタフな上り坂20.8kmの第5ステージで青山学院の帯を家に持ち帰りました。 これは、Josaiの山本が1時間9分14秒で自分の走りを終えなかった場合の記録でした。 山本自身が1時間10分04秒の以前の記録を保有していました。

駒沢は篠原小太郎が21.3kmの最初のステージを1時間1分02秒で優勝して序盤先頭を占めました。 青山学園は黒田旭が23.1km2区間で1時間6分07秒で最速記録を作り、駒沢より22秒遅れた2位を占めました。

READ  Maria Sakkari対Jessica Pegula:予測と試合の賭けの確率
Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours