エンターテインメント

青森駅にそびえる「巨大なトウ「住民の衝撃が愛着に変わった30年

太古のロマンが誕生落ちた異形の歴史

“駅にトウが埋められている!」そんな感想を抱かざるを得ない謎の構造物が生まれた秘密の巨大な水写真家はんだ付けカメラさんが近づいてきます

目次

敷地内に巨大な「トウ」がそびえている – 。 そんなエピソードで全国的に注目を集める駅青森県にあります。 地域から出土した遺跡が由来とロマンあふれる根を持ちながら、かつては周辺住民から「怖い」と恐れていた。 しかし、その存在を愛する人々の手によって管理されている中で、観光資源として欠くことのできなくなったようです。 30年以上のリングと一緒に発展してきたモニュメントの魅力について大きなものを撮り続けて写真家はんだカメラさんに編んでくれました。

都市の風景を引き裂く “巨大なトウ」

駅は鉄道を乗り降り旅行の起点となるところ。 一般的に、旅行の目的地になることはありません。 一方、都市の関門だから地域を代表することが飾られており、有名な建築家が設計を担当していたり​​と、実際に興味深い建物である場合が多いとも考えています。

青森県つがる市のJR五能線の木造駅(数づくりえき)は、一応生見たい強烈な存在感を出しています。 少なくとも私は、旅行の目的地になることがある駅です。

私木造駅を初めて訪れたのは今から6年前。 本来ならば電車の中でホームに降りたい歴史に入るのが理想的です。 しかし残念ながら、その時の車で旅行でした。

のどかな田園風景の中に市街地に入って逆に向かう角を折って入れば、今後突き当たりに突然赤黒い巨大な記念碑が表示されています。 静かな街の風景を引き裂くような姿でした。 私は集まるように近づいていきました。

高さ約17メートルの巨大なトウは市内で出土した遮光装置トウ(社王トウ)を模したもの。 それ歴史の壁に傾くことができるよう、いや、めりこむに歴史と同化しているのです。

「伸び」ポーズを取っているように見える姿勢のせいでしょうか。 RPGゲームの最終ボスレベルの雰囲気を演出します。 正直、最初は少し臆病感じました。

しかし、時間が経つにつれ、可愛らしく思いくる妙な魅力がありました。 地元の方にもそう思っているのです。 モデルとなった遮光装置トウのような「シャコちゃん」という可愛い愛称で呼ばれているそうです。

道路の間で「正しい」と姿を現す、JR木造駅の巨大なトウ「シャコちゃん

道路の間で「正しい」と姿を現す、JR木造駅の巨大なトウ「シャコちゃん」 出典:はんだカメラさん撮影・提供

モデルとなったのは、「都市の象徴 “

巨大なシャコちゃん誕生のきっかけは、1987年(昭和62)年に実施された旧国鉄分割民営化です。

木造重量挙げ無人化などの変革を余儀なくされ、それをきっかけに駅を中心とした都市活性化計画が立てられました。 88(1988)年国家の政策として行われた「ふるさと創生事業」による補助金で歴史の大規模な改築を決定します。

そこで出てきたのが、遮光装置牽引と歴史を合体させるインパクト重視のデザインのアイデアでした。 1887(明治20)年に地域亀ヶ岡遺跡で発見された遮光装置トウは、国の重要文化財に指定されて街のシンボルとなっていたからです。

元遮光装置トウとはどんなものなのです。 私の知る限りでは、「縄文時代の土人形「停止なので、木造駅から徒歩15分の距離にある「つがる市縄文住居展示資料館(カール)」で話を聞きました。

亀ヶ岡遺跡は縄文時代後期〜末期の集落遺跡です。 そこから出土した遮光装置トウは、高さ34.5センチメートル。 住民が偶然家に保管し、後で日本に寄贈し、現在は東京国立博物館に所蔵されています。

「遮光装置」は、北方民族が使っていたメガネが、今言うゴーグルのようなもの。 つまり、ゴーグルをしているかのように見えるので、遮光装置トウと名付けられたものです。

カルの外観。巨大なシャコちゃんのモデルとなった「遮光装置トウ

カルの外観。巨大なシャコちゃんのモデルとなった「遮光装置トウ」のポスターが建物に取り付けられている 出典:はんだカメラさん撮影・提供

チャームポイントを生かす斜めアイデア

ただ目の部分は、実際に目のメガネのかはわかっておらず、宇宙飛行士とか、精霊とかその時代の流行であったとか、諸説あるそうです。 資料館が「最も有力なもの」と述べたことが、「再生を希望する記号」説です。

遮光装置トウの目は楕円形(楕円)型の中間に水平線が入っていて、目を閉じているかのように見えます。 「その目を再度開いてほしい」は「生きている」の願いを象徴するではないかすることです。

古代の人々は、復活を祈りながら遮光装置トウと対峙していた考えとロマンを感じることができます。 とにかくも遮光装置トウの最大のチャームポイントは目というのは確かです。

木造駅は巨大なシャコ量の目を活用したデバイスがありました。 駅に列車が入ってくる3分前から3分の間、目が赤く光るアイデアです。

1991(1991)年に巨大なシャコさんが誕生してからしばらくは、この赤い目が抜けトランプのように点滅しています。 ところが、駅周辺の住民から「怖い」という主張が入っています。 以降、外部からの希望がある場合には、手動でのみされてしまいました。

そして誕生から約30年が経った今年の4月には、老朽化し​​た歴史の補修工事と一緒にシャコ量の雪がLED照明に置き換えされること。 さらに、赤1色だった従来よりもパワーアップなんと7色に変化し続けるシステムになったのです。

現在、巨大なシャコさんの目は赤や青、黄色、緑など7色に輝く

現在、巨大なシャコさんの目は赤や青、黄色、緑など7色に輝く 出典:はんだカメラさん撮影・提供

30年の間に地域に欠かせない存在に

新型コロナウイルスの影響で長い間取材に行くことができなかったが、9月末にギョオイ目を直接見ることができました。

木造駅に列車が入ってくる3分前。 何かの信号があるわけでもなく、いきなりシャコ量の目が光って始めました。 左右の目が交互に点滅し、華やかな光を放っています。

木造駅に停車する列車の本数は1時間に約1本のペース。 60分間に3分の目の光です。 どこかで視聴者が現れ、スマートフォンで巨大なシャコちゃんを撮影して列車が駅を通過するとき離れました。

約30年前に「怖い」と目を点滅し、4月にリニューアルで半年程度は、過去、現在、不満の声はないそうです。 利用客に理由を聞いてみると、「すべてはすでにおなじみの」という答えが返ってきました。

もちろん、当時の住民の衝撃はすごかっただろう。 それにもかかわらず、人生を一緒にすると愛着がわくかもしれません。

ちなみに、駅の近くにある学校でも大きなシャコちゃんの目の光が見えます。 したがって点滅を見て急いで駅に飛び込んくる学生も多いとか。 地元の人々は、単なるギミックではなく、列車が来る信号としての役割もしているようです。

夕闇の中に浮かぶ巨大なシャコちゃん目が紫色に光り、今にも動き出しそうな迫力のある

夕闇の中に浮かぶ巨大なシャコちゃん目が紫色に光り、今にも動き出しそうな迫力のある 出典:はんだカメラさん撮影・提供

「再生の物語」で地域をにぎやかに

木造駅から駅員業務を行う方の話では、「今年から新型コロナウイルスの影響で逆の利用者は、前年の半分以下になっているではないか」というもので、厳しい状況が続いているとします。

しかし、最近、大きなシャコ量の目が光っている映像がSNSで拡散して木製の役を目的としてくる観光客も増えているそうです。 これから少しずつ活気を取り戻していくことはないでしょうか。

古代の人々は、再生に願いを込めたという説が遮光装置トウ。 街のシンボルである巨大なトウが再び目を輝かせることで、都市再生のきっかけを作ることができた場合、数も同程度に素晴らしいストーリーがないでしょうか。

巨大なシャコちゃんを介して「縄文遺跡の都市」として、地域全体が活性化される。このような未来を願っています。

READ  映画「鬼滅の日 '無限列車編観覧客特典は新作漫画0巻」煉獄ヤング巻」。 煉獄杏寿郎の最初の任務を描く - ファミ通.com

Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close