経済

[닛산 노트 신형 시승]ヤリスと合わせて驚きを超えた!? 新しいe-POWERの世界観…吉川健一| 応答(Response.jp)

2020年11月24日、新型「ノート」を発表した後、1週間、最終的には新型ノートPCに試乗の機会を得た。

3代目となるE13ノートは「新生・日産」を代表する自動車であり、日本市場の再強化するために、柱の一つになる小型車だ。したがって失敗は許されず、日産の開発陣の気合も格別なものを感じている。

今回は、この新型ノートパソコンに搭載された第2世代のe-POWERの実力と走行性能の進化に迫るたい。

第一世代のe-POWERとは全く異なる世界観がある

日産ノート新型
試乗車は最上級のXグレード(税込218万6800円)、16インチのタイヤを履いたモデルである。 今回は日産の閉鎖過程 “グランドライブ」(参考に新型ノートパソコンの生産は追浜工場で行われる)で試乗のために一般道路よりも路面の凹凸が少なく、良好な状態で試乗体験であることは、最初に説明しておく。

新型ノートパソコンのドライブモードでは、ECO、NORMAL、SPORTの3種類。 それぞれBモードを用意ので、合計6つのドライブモードになる。 また、エンジン始動時の初期設定は、今回「ECO」になった。 ECOが現在e-POWERのS(スマート)モードレベルを目指して加速力と減速力で、現在ECOの混合される画像は全くない。

新型ノートパソコンのドライブモードの切り替えスイッチ新型ノートパソコンのドライブモードの切り替えスイッチ
新型ノートパソコンのドライブモードと加圧・減速の強さの画像。 ECOとSPORTは減速時Dレンジで強化の減速をする設定であるが、NORMALは減速をあえて弱く設定し、一般的なレベルでクリープによる操縦をしやすくした新型ノートパソコンのドライブモードと加圧・減速の強さの画像。 ECOとSPORTは減速時Dレンジで強化の減速をする設定であるが、NORMALは減速をあえて弱く設定し、一般的なレベルでクリープによる操縦をしやすくした
走り始めてすぐ感じがゼロ発進時の柔らかさと浮遊感である。 “フィットe:HEV」や「ヤリスハイブリッド」もEVモードでの開始は、ほぼ無音で動くので柔らかさがあり、新型ノートPCの場合、20km / h程度の速度領域で「フィン」という独特の電子音が続く。

それはまるで浮遊するような印象を与えた、発進時の感覚を一層スムーズに感じさせてくれる。 日産の担当者によると、新型ノートPCは、目に見えるところのデザインでは、音響デザインにこだわったという。 新型ノートPCは、ノートとは全く異なる世界観を感じることができる。 これに乗ってみないと分からない感じである。

アクセルオフ時の減速の柔らかさに感動

日産ノート新型
強く加速をするとエンジンも強く回転することは、現在のノートe-POWERと同じである。 アクセル全開時には決して静かとは言えないノイズが発生するが、その大きさは、従来のノートパソコンよりもはるかに小さい。 コストられない小型車の新型ノートパソコンですが、一クラスの「キックe-POWER」レベルでは抑制されている印象である(賞賛だ)。

また、発電時のエンジンの音質も現在のノートの「いんちき」という芝刈り機のサウンドで “旧ォン」という明確な感じに変化している。 最も懸念していたエンジンの騒音レベルと音の質感は十分合格点とすることができる。

そして減速時の感触も優れている。 具体的には、アクセルオフで減速に入る瞬間、制御の素行が素晴らしい。 ラフにアクセルペダルを離しても、肩のような減速Gされず、滑らかな減速となるように制御することができる。 担当者によると、ジャーク(加速度の変化の程度)が小さくなるように徹底した走行テストを繰り返したという。 スペック表に表示されていないこれらの部分は、磨き込みが非常に難しく、開発試行錯誤だったという。

乗り心地とロードノイズは、上位クラスに進化コーナリングはNISMOの

日産ノート新型
現在のノートパソコンは、高速直進性とコーナリング性能が魅力だ。 少し契約した足周りで乗り心地は硬いだったが、今年のモデルチェンジだけマトヌンワヤリスにも十分に戦うシクシクルル備えている。

しかし、このたびの新型ノートPCは、多少乗り心地性能を横に振ったセッティングがされている。 カーブでの役割と投球など体の動きは、現在のノートパソコンよりも若干大きく、車線変更時の後方の流れ現在ノートよりも大きいです。 おそらく回転抵抗の低減を重視した環境にやさしいタイヤが影響を与えていると考えられ、これらはタイヤを変更変わるだろう。

また、終始軽いステアリング操舵力でありまし削減や低速処理は極めて便利である。 しかし、速度が上がるとステアリング中立位置に移動力は正しく出ており、シャーシできる利点を明確に感じる。

路面ドルギグァあたりの柔らかさは、同じ乗り心地性能は非常に改善している。 突起も「タンタン」と軽い音に移る。 静粛性の高さを誇る合うレベルにインパクトノイズも抑制されており、ロードノイズもテストコース内を走っている方はほとんど気にならないレベルであった。

日産ノート新型
騒音が静かになったのには、自動車の土台となるプラットフォームの進化がある。 新型ノートは、新たに開発された次世代の高度な小型車のためのプラットフォームを採用し、現在のノートパソコンのボディ剛性30%向上した高強度・高剛性ボディ、高遮音包装、高剛性サスペンションなどが結びついている。

通称「CMF-B」と呼ぶプラットフォームは、欧州市場で戦う2代目「ジューク」とK14 “マイクラブ」にも採用されてきたもので、欧州地域で人気のルノー「ルーテシア」も共有する高いポテンシャルがプラットフォームです。

また、担当エンジニアに足周りゆるみを確認すると、一般道路での快適性を重視する日本市場に調整し、確信犯的にセッティングを変えているとする。 「これでは不足」というドライビング好きな方は、おそらく後に登場するだろうNISMOに期待してほしい。

まだ見ぬ進化版プロパイロットの実力によっては、「傑作」になることができる

日産ノート新型右はノートパソコンオーテック日産ノート新型右はノートパソコンオーテック
新型ノートの最初の印象では、ヤリスと足に乗ったときの驚きを超えている。 特に、第2世代e-POWERの仕業が良く、浮遊感を感じることができる室内サウンド、そして弱点でもあった乗り心地とロードノイズの改善が3点で、「質感の高い走り」を実現している。私の外装などの形を変更以上、内容もしっかり進化している短い試乗時間だったが、よく分かった。

離れ改良版プロパイロットの実力だ。 率直に言って、プロのパイロットという名前に負け日産自動車が多くの失望をさせてきた。 日本の特許の自動車が新型ノートPCは、どのようなレベルに達しているかどうか。 今後、道路試乗でしっかりと確定たい。

吉川健一氏と日産ノート新型吉川健一氏と日産ノート新型
■5つ星ホテル
包装:★★★★★
インテリア/居住性:★★★★★
電源:★★★★★
フットワーク:★★★★★
おすすめ度:★★★★★

吉川健一| 自動車ジャーナリスト
元の車の開発エンジニアのキャリアを持っている。 カーライフの楽しさを広げる発信を心がけています。

READ  見た目も一新三菱の4WD技術を継承した新型「エクリプスクロス」 - ライブドアニュース

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close