経済

[시승 프레]アストンマーティン初のSUV「DBX」ラグジュアリー&スポーティな “らしさ”いっぱい/ – Car Watch

アストンマーチン類・スポーティーなSUV

Dボタンに入れてそろそろ動き出す。 アクセルは自然な反応である。 それもそのはず、少し2200rpmで最大トルク700Nmを出しており、強力なトルクは5000rpmまで維持する。 大きなトルクが、アクセルの微妙なコントロールも自由自在に反応して使いやすく、また、SUVに似合う。

DBXは6つのドライブモードを持っている。 エアサスペンションによって車高調整が自在にできるアクセル開度、ステリングフィールド、エアサスペンションの硬さ、4WDのトルク配分などを変えることができますが、基本的には、オフロード用の「Terrain “” Terrain +」の2種類オンロード用「Sport」「Sport +」の2種類、オールマイティ “GT”個人的にモードを組み合わせ、「Individual」がある。車高制限は、標準で+ 45mm、下限は、標準で-50mmまで減少モードに応じて変わる。オフロードでの水深500mmのドーハでサーキットまでカバーすることはSUV後発アストンマーチンだ。最低地上高が190mmで最も上げた時は235mmを確保している。

走行モードに切り替えると、メーターの表示も変わる

ナビゲーション画面に専用のビューを提供

最低地上高は190mmで、最大235mmまで上げることができ

一般的に便利なGTモードが推奨で乗り心地も想像以上にスムーズに。 事前にはスポーツカーアストンマーチンを基準にしていたが、さすがに豪華なメーカー。 5人乗りSUVには、それ相応の設定を準備していた。 適当コシがあり、上下微振動がよく吸収されている。 タイヤはピレリのオールシーズンSCOPION ZERO。 フロントは6ピストンキャリパー/ブレーキを内包した285 / 40R22、リア大型キャリパー内包325 / 35R22という大きなタイヤであるが、でこぼこしたところがなく、路面からの周囲は柔らかい。 また、3060mmというミニバンレベルのホイールベースは中速程度の路面凹凸でもピッチングを感じない上下快適な乗り心地である。

ハンドリングはというほど乗っていないが、首都高速道路ほどロールはほとんど感じず、安定した姿勢でキャンセルし、ステアリング感じも穏やかである。 ロックトウロック2回転半は、高速なものだが、ストレートでセンター感じたスポーツカーのそれとは異なっている。 反動もほとんどなく、大きなSUVにふさわしいしっとり感である。 この程度のステアリング感と余分な力が入らずそのままいい。

SPORTモードにすると、車体の高さも低く、低ギアを維持し、また、排気ノートもボロボロ音に変わる。 街では少し気が引けアクセルレスポンスは、鮮明で小気味よい反応が得られる。 今回は残念ながら味わえなかったが、広々としたワインディングなどを走る爽快な気分にさせてくれるだろう。

それだけ各モードは、伸縮性が効果がある。 また、SPORT +もあるが、これはESCなどを解除してトルク配分もレーシングモードとするので、700Nmのトルクを最大に活用することは明らかサーキットしかないだろう。 アストンマーティンの高いシャーシ技術を満喫したい。 一度サーキットなどで試してみたいものである。

シャーシ電子制御アクティブセンターデフのトルク配分は47:53に基づいて、最大0:100でリアのトルクをかけることができる。 リアには、電子制御LSDを使用トラクションと安定性を稼ぎより左右の車輪に独立してブレーキを旋回簡単トークベクタリングも備えてコーナリングアープに – 地で旋回中まで制御が含まれてドライバをサポートする。

距離では、これらのシステムが入ることはありませんが、滑りやすい路面などでの強い味方になってくれるに違いない。

ところが、雨は後部窓の視界を妨げる妨害水滴がキレイに流れることを経験することができた。 ループを流れる空気がループスポイラーとリアウィンドウとの間に作られたスリットを通ってリアウィンドウにつく水滴を流してくれる。 ベータ雪は難しそうだが、雨に有効である。

最新の自動車は、空気力学と切っても切り離せないが、DBXも美しいだけでなく前面から入ってくる空気をホイールアーチに流しまたホイールアーチ後端からフロントフェンダーに空になったスリットに排出することで、まとわりつく空気の流れを整流する。 平底の下なども空力を詳細に制御する例である。

GTモードで首都高渋滞のストップ&ゴーを繰り返すと、ブレーキの反応と変速モードがきしみができましたが、導入初期に一般的な症状で解決されるものと考えている。

DBXは全方位カメラなど、これまでアストンマーティンのスポーツカーに装着されていない多くの安全装置を搭載した最初のモデルである。 ユーザー層の幅が広いSUVほどマニアックなスポーツカーで要求度が低かったアイテムも周到に装着されている。

さらに、豪華なスポーツカーを製作してきたので、可能な所有者の心をくすぐる、手術をよく知っている。

基本価格2295万5000円。 これは当然、多くのオプションを提供するため、非常に高い価格車が、すでに130以上の予約が入っているという。 アストンマーティンの所有者が増車または他の種目のSUVの代替として考えているという。 アストンマーティンの年間販売台数は5000台規模を拡大していないとしたが、ウェールズのセントアサン専用ラインで生産されるDBXは、従来のスポーツカー群に加算されるものである。

DBX一度実車を見ると、明らかに記憶に残るSUVになるに違いない。

READ  ★今日の[강추 결산]グッド小室A、アゼアスタキサンチン、トビーブラシステ(9月9日) - 週乗車

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close