スポーツ

北京オリンピックを控えて金メダルを狙う日本選手たち

来週開幕する北京冬季オリンピック日本代表団派遣式が土曜日に開かれた。

日本オリンピックの主張を務めている女子スピードスケート選手の高木美穂(27)は「冬季オリンピック選手たちの活躍が日本全域に勇気と光を伝えることができるよう最善を尽くす」と話した。 スピーチ。

金曜日、北京オリンピックの開幕式で機首として活躍する34歳の女子スピードスケート選手、小梨沙(Arisa Go)は山下康弘(Yasuhiro Yamashita)日本オリンピック委員会委員長から伊藤秀人(Ito Hidehito)委員長を経て日本代表。 代表団。

日本代表団は選手124人を含めて合計262人で、海外冬季オリンピック歴代最多の日本代表団だ。

東京港区のグランドプリンスホテル新高輪でコロナ19感染のリスクを軽減するため、土曜日に行われた授賞式には4人の選手だけが参加しました。 他の選手たちはオンラインで授賞式を見守った。

囲碁と共に騎手として活躍する予定のノルディック複合スキー選手の渡部明人(33)は、海外大会に出場して結長した。

夫人の木子皇太子とともに行事に出席した秋野皇太子は「努力した対価で良い成果を収めたい」と話した。 彼はまた、代表団のメンバーにコロナウイルスに感染しないように注意するよう求めた。

日本氷上競技連盟の伊藤関係者は記者懇談会で「平昌五輪よりも多くの金メダルを目指している」と話した。 日本は2018年冬季オリンピックで金メダル4個を含め、日本最多メダルである13個のメダルを獲得した。

日本に出場するほとんどの選手は日曜日、東京羽田空港で飛行機に乗って北京に出発する予定だ。

間違った情報とあまりに多くの情報が共存する時代に 質の高いジャーナリズムはこれまで以上に重要です。
購読すると、物語を正しく理解するのに役立ちます。

今購読

フォトギャラリー(拡大するにはクリック)

READ  日本野球殿堂、2021年のクラス公開

Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close